一括見積もり査定で費用料金比較がおすすめ!
ホーム > 土地を売るには?

土地を売るにはどうする?高く売りたい人の売却方法とは?高く売却するには?高く売るための流れとしては、まず費用無料の一括買取売却査定サービスで、目安となる金額を把握することから始めましょう。

不動産の一括査定依頼サービス

おすすめは一括査定依頼サービス

土地を売る

不要な土地を処分するにあって、できるだけ高く売りたいという場合と、すぐに売りたいという場合があると思います。

どちらにしても、やっぱり、信頼できる不動産会社に査定してもらうことは大切ですよね。もちろん、1社よりも2社、2社よりも3社に査定してもらうほうがいいのは言うまでもありません。

でも、たくさんの不動産会社に査定してもらうとなると、かなり大変。

そこで、おすすめの方法が一括査定サービスの利用なんです。実績ある複数の不動産会社に、一度のフォーム入力で価格を問い合わせることができるので、ぜひ利用してみてください。

売却の流れを知ろう

土地取引には、土地や住宅を購入するケースもあれば、売却するケースもあります。購入と比較し、売却は結構わかりにくい点も多いので、あらかじめその流れについて知っておいた方がトラブルの発生を防ぎやすいでしょう。

土地の売却にあたってまず必要なのは、土地の権利者が誰かということをはっきりさせておくことです。売却の権利があるのは、その土地の正式な保有者のみです。よって、実質的にその家に住んでいる人のものであっても、名義が異なる場合は自由に売ることができません。後でトラブルにならないよう、まず名義が誰になっているかを確認する必要があります。

次に、仲介者の選別です。基本的に、不動産売却を行う時は不動産会社へ依頼することになります。ただ、売却価格は会社の査定次第なので、できれば高く査定する会社に依頼したいですね。インターネットの無料査定を利用して、複数の会社に査定を依頼すると良いでしょう。依頼する会社を決めたら、その会社と契約を結びます。そして、契約した不動産会社が買い手を見つける作業を行ってくれるので、買い手が見つかるまで待ちましょう。

買い手がついたら、今度はその買い手との交渉を行います。基本的にはローンの申し込みなどをここで行うので、ローンが通るかどうかが焦点となります。そこで意見が一致すれば、晴れて売却という流れになります。この際、仲介役となった不動産会社には手数料を支払うことになります。

売却に必要な税金

税金は、土地取引において常に重要なファクターとなります。普段あまり耳にしないような税金が必要となるケースが多いからです。そのため、トラブルとまではいかないものの、予想外の税金によって予想外の出費が発生し、ちょっと苦労することになったという人は多いようです。そして、土地取引における税金は、土地売却の際にも発生します。売るのにお金を払うというのはちょっと感覚的に疑問を感じる人も多いでしょうが、実際にかかってしまうのです。

不動産売却の際に発生する税金は、売却の際に発生した利益に対して課せられることになります。税金の種類は所得税、住民税です。この税金の対象となるのは、売却益から取得費と手数料等の雑費を含めた費用を引いた金額に対してです。つまり、儲かった場合にその利益分から税金が引かれるというわけです。株取引など、金融取引全般においてこの図式は成り立つので、ある意味当然ともいえます。

ただし、マイホームを売却した場合は、「居住用財産の特例」というものが受けられます。

自分達が現在住んでおり、居住していた時期から3年以内で、土地の譲渡契約が家屋の取り壊しから1年以内に締結されており、貸付をその時期に行っていない場合であれば適用されます。この場合、譲渡益から3,000万円の特別控除を引いた額で税金が算出されます。もしも譲渡益が3,000万円以下の場合は、税金はかかりません。

売却には費用がかかる?

購入する場合でも売却の場合でも、土地取引を行う際には費用に関してあらかじめ確認しておかないとトラブルの原因となります。特に、不動産売却に関しては費用が必要だという考え自体を持っていない人が多いと思われます。実際には、土地取引においては売却の際にも一定の費用が必要です。

不動産売却に必要な費用は、不動産業者に対しての仲介手数料、契約書に必要な印紙の代金、税金、登記費用、そして測量費用です。仲介手数料は、不動産業者に売買の仲介を依頼した際に支払います。これは買い手売り手に関係なく、売買が成立した時点で支払われます。

次に印紙ですが、これはあらゆる金融関連の契約の際に必要なものです。印紙代は土地取引の際の売買金額によって変わり、1万円〜6万円の間となっています。登記費用は、住所変更登記や増築登記をしていない場合に発生します。もちろん、まだ引越しをしていない、増築をしていないという場合には発生しません。測量費用は、主に隣の敷地との境界が曖昧な場合に測量を依頼することが多く、その際に発生する費用です。また、登記簿の面積と実際の面積に誤差がある場合も依頼することになるでしょう。

これらの諸費用は、トータルで数十万かかることがあります。売却してお金を得ても、その額の大半が費用で消える…ということもなくはありません。あらかじめ費用を計算した上で土地取引を行うことをお勧めします。

不動産会社との契約

土地の売却を行う際には、不動産会社に仲介を依頼するのが一般的です。そして、その不動産会社と契約し、土地取引を一任することになります。その際、どのような契約を交わすかということが重要となってきます。

不動産売却における契約には、「専属専任媒介契約」、「専任媒介契約」、「一般媒介契約」の3つがあります。専属専任媒介契約は、完全専属の契約で、この契約を交わした会社以外に取引を依頼することができなくなります。さらに、買い手も会社が見つけることになり、自分達で見つけることはできません。専任媒介契約は仲介役を契約した会社に限定される一方、買い手は自分で決めることができます。一般媒介契約は、契約を交わした会社以外にも仲介を依頼できます。

専属専任媒介契約の場合、依頼した時点で売却に関するほとんどのことを不動産会社に任せることになります。そのため、自分で動きたいという人には不向きですが、なるべく専門家にやってほしいという人にはおすすめです。専任媒介契約も同様ですが、窓口が一本化されるので支払いがしやすいというメリットもあります。

一方、一般媒介契約の場合は、複数の会社に依頼することで、買い手がより見つかりやすくなります。ただし、成約が一社だけなので、不動産会社側からしたら儲けにならない可能性もあり、モチベーションに不安が出てきます。

土地取引において、契約は非常に重要です。この中のどれを選ぶかによっていつどんな額で売れるかも決まってくるため、慎重に選びましょう。

土地の境界はトラブルの元

土地取引で特に多いトラブルは、土地の境界についてのトラブルです。土地の境界とは、簡単にいえば自分の土地と隣人の土地の境目はどこか、ということです。たとえば、塀で囲まれている場合はかなりわかりやすいですが、平地続きだと境目がわかりにくく、実際に土地取引を行う場合には、どこからどこまでが自分の土地なのかということがはっきりせず、トラブルになるケースが後を絶たないようです。公図でもかなり曖昧に表記されていることが多々あり、場合によっては人の記憶に頼らざるを得ないケースもあります。そうなれば、モメるのは当然でしょう。

土地を売却することを念頭に置いている人は、土地取引の事前に自分の土地がどこからどこまでなのかを確認しておく必要があります。そのためには、土地家屋調査士に測量依頼をするのが良いでしょう。測量依頼をすることで、自分の土地がどこからどこまでなのかということがはっきりします。測量の際には土地の面積を測定する必要があるので、当然土地の範囲も調べることになるのです。

この範囲がはっきりしていないと、売却の際、たとえば家に隣接している畑が隣の家のものなのか、こちらの家のものなのかを明記できず、買い手に混乱を与えることになります。また、実際買い手が見つかった後、はっきりしないという理由でキャンセルされる恐れもあります。必ず事前にしっかりと調査しておきましょう。

都道府県 : 北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県