一括見積もり査定で費用料金比較がおすすめ!
ホーム > 家庭用・住宅用の太陽光発電システム(ソーラーパネル)

家庭用・住宅用の太陽光発電システム(ソーラーパネル)価格はいくら?政府や地方自治体の補助金(助成金)制度で導入コスト削減、各製造メーカーの電池効率アップ。屋根取り付け工事のコスト見積もり比較で施工会社をランキング。

不動産の一括査定依頼サービス

おすすめは一括見積もりサービス

土地を売る

家庭用太陽光パネル設置による住宅のエコリフォーム。補助金(助成金)制度・売電システムのおかげで、ローンを組んでも十分恩恵を受けられる環境が整ってきました。

それにともない、私たちのような一般の家庭でも気軽にエコライフを送ることができるようになりましたね。

とはいっても、ソーラー発電システムは、決してそんなに安い買い物ではありません。相場より高い業者を選んでしまわないためにも、まずはしっかりと一括見積もりで複数の施工販売会社の値段を比較してから、導入するようにしましょう。

一括見積もりが選ばれるワケ

無料で利用できる

太陽光発電導入の一括見積もりサービスは、利用料や仲介手数料などはなく、一切無料で利用することができます。

一括見積もりサイトを通したからといって、余計な費用が発生するわけではないので、安心して利用してくださいね。

オンラインで簡単に申し込める

ソーラーパネルの設置を請け負っている会社で、Webサイトを開設し、申し込みフォームを設置しているところというのは、あまりありません。なので、申し込みはどうしても電話などになってしまうんですね。

その点、一括見積もりサービスであれば、オンラインから簡単に申し込みができるということで、多くの方が利用されています。

だいたいの料金相場がわかる

太陽光発電システムの導入にかかる費用というのは、なかなか想像しにくいものです。なので、1社だけの見積もりでは、その金額が高いのか安いのか、素人には判断できませんよね。

その点、一括見積もりであれば、複数社に見積もりを依頼することで、だいたいの料金相場がわかるようになっています。

安い施工販売店を選べる

複数社に見積もりを依頼することで、競争原理が働き、比較的安い値段の提示が期待できます。さらに、そのなかから1番安い施工販売店を選ぶこともできます。これは、一括見積もりならではの大きなメリットですね。

できる限り安く導入したい消費者にとって、複数社に見積もりを依頼するのは必須と言えるでしょう。

厳選された業者だけが参加

太陽光発電システムの導入においては、残念なことに、訪問販売などでトラブルも発生しています。

その点、一括見積もりサイトでは、サービスを安心して利用できるように、施工販売業者が参加するにあたっての条件を設けています。

太陽光発電の基礎知識

近年、エコ・環境問題に注目が集って、家庭用ソーラーシステムを導入した住宅が脚光を浴びていますね。

以前なら、そんな住宅は未来の家といった感じでしたが、世界シェア上位のドイツ企業や京セラ・三菱・サンヨー三洋SANYO・SHARPといった製造メーカーのがんばりもあり価格も低下、ずいぶんと身近なものになってきました。

補助金(助成金)制度も存在しますし、これら補助金(助成金)制度のおかげでシステム導入を検討する家庭は相当増えたのではないでしょうか。

太陽電池・ソーラーパネルを屋根に設置するには、施工会社に依頼するほか、インターネットなどで販売されているものを購入してDIY(自作)で取り付け設置工事を行う方法もあります。激安格安価格…かどうかはわかりませんが、中古品だって出回っています。

また、太陽光パネルには、住宅の屋根に設置するタイプ以外にも、自動車バッテリー充電器・アウトドア・ライト(照明)・リュック・小型・薄いシートなど、いろいろなタイプが存在します。これらにも注目ですね。

とりあえず、構造・作り方・原理・回路・機能・発電量・発電効率・種類・仕組み・直流・回転などの難しい話は抜きにして、太陽光発電について紹介しますね。

太陽光発電システムの種類は?

家庭用の太陽光発電システムには、大きくわけて2種類の方式があります。

1つは、電力会社の送電網とつながった太陽光発電システムです。

太陽光発電で発電した電力が十分あるときはそれを利用し、不足したときは電力会社が供給する電力を利用するという方式です。一般的には、家庭用の太陽光発電システムと聞くと、こちらを思い浮かべる方が多いかと思います。

施工会社にお願いするなどして導入します。

もう1つは、オフグリッドソーラーと呼ばれる太陽光発電システムです。

こちらは、電力会社の送電網とはつながらない、独立型の太陽光発電システムです。太陽光発電の電力が不足しても、自動的に電力会社の電力に切り替わることはありません。すべての電力をこれでまかなうほか、部分的に利用するという用途もあります。

家庭用ソーラーパネルを、楽天市場やYahoo!ショッピングで購入し、DIYで屋根に取り付けるなどして、自分で導入することができます。

メリットとデメリットは?

ソーラーパネルを設置するメリットはといえば、まずは、なんといっても、月々の光熱費を安く抑えることができる点でしょう。

そして、ソーラーパネルが断熱材の代わりになり、室内の温度変化が少なくなるとも言われています。ソーラーパネルがない場合に比べて、夏は涼しく冬は暖かくなるということですね。

また、災害などで停電になった場合にも、電気を利用することができるということも挙げられます。

商品市場などの影響で電力会社の電気代が上がった場合も、相対的にみてお得になると言えるでしょう。

反対にデメリットを挙げるならば、やはり多くの初期費用が必要になる点でしょうか。多くの方にとって、ポンと出せる額ではありませんよね。

降雪が多い地域、日照時間の少ない地域、高層マンションに日光がさえぎられる立地などの場合は、効率が悪くなってしまうというのも覚えておいたほうがいいでしょう。

寿命(耐用年数)は?

ソーラーパネルを購入するときに気になることと言えば、その寿命(耐用年数)ですよね。せっかく購入したソーラーパネルが数年で使えなくなってしまうとしたら大変です。

この点についてですが、一般的には20年以上の寿命(耐用年数)があると言われています。すぐに使えなくなるという心配はしなくてよさそうですね。

ただ、故障しないまでも、発電効率は少しずつですが低下していくものだと認識しておいてくださいね。

値段はどれくらい?

家庭用ソーラーパネルを設置して、太陽光発電システムを導入するには、どれくらいの費用がかかるのでしょうか?

一概には言えないのですが、電力会社の送電網とつながった太陽光発電システムの場合、目安として200万円くらいはかかると考えておいたほうがいいでしょう。

オフグリッドソーラー(独立型太陽光発電システム)の場合は、規模が小さければもっと安くて済みます。

ソーラーパネル1枚の値段であれば、最大主力の低いものの場合、安いものであれば2万円以下のものもあります。最大出力の高いものであれば10万円以上になります。ただし、これらはあくまで1枚の値段であって、より多くの発電量が必要であれば、複数のパネルが必要になってきます。

もちろん、ソーラーパネル以外にも必要なものはあります。バッテリー(発電した電気を溜める)、充電コントローラー(バッテリーへの充電をコントロール)、DC/ACインバーター(直流電流を交流電流に変換)などですね。

これら一式がそろったソーラー発電セットだと、安くても10万円弱はすると考えておいたほうがいいでしょう。

補助金(助成金)は?

政府(経済産業省)では、平成20年から、住宅用太陽光発電システムの設置に関する補助制度を開始しています。この制度に申請することで、政府からの補助金を受け取ることができます。

ただし、申請時期によっては、残念ながら予算上限に達して打ち切りになっているということもありえます。また、この制度が恒久的に続くとは限りません。太陽光発電を導入する前に、あらかじめそのときの状況を確認しておいたほうがいいかと思います。

また、自治体でも補助金(助成金)制度を実施している場合があります。こちらも、導入する前に、お住まいの自治体に確認してみましょう。

発電した電力を電力会社に売る

家庭用太陽光発電システムで発電して余った電力は、電力会社に売ることもできます。これを売電と言いますが、売電価格は、国によって年度ごとに見直され、設置した年度の売電価格が10年間適用されことになります。

この仕組みがあるおかげで、発電した電力を無駄にしなくて済むようになっているんですね。

なお、DIYでオフグリッド太陽光発電システムを設置した場合は、発電した電力を電量会社に売ることはできないので気をつけてくださいね。

都道府県 : 北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県