一括見積もり査定で費用料金比較がおすすめ!
ホーム > 単身者の引越し費用

単身者の引越し費用を安く済ませるなら、相見積もり&値引き交渉!単身赴任や学生・女性などの一人暮らしで荷物を送る料金はだいたいいくらくらいかかる?比較Webサイトで平均価格相場を把握しよう。

引越し一括見積もりサービス一覧

引越しを格安料金で請け負ってもらうために

単身者の引越し費用

単身者の場合は、手続きや準備はもちろん、業者の手配も自分でやるケースが多いでしょう。

もちろん、少しでも安いしたいというのが多くの方の希望だと思いますが、初めてだったりすると、なかなかどうしていいかわからないもの。

そこで大切なのが、あいみつで複数の業者から金額を提示してもらうことです。そして、その上で値引き交渉をしてみましょう。

なお、その際は、まず一括サービスを利用するのが賢い方法です。一度の手間で複数の業者から連絡がもらえるので、非常に助かります。

相見積もりについて

相見積もりとは

相見積もりとは、複数の会社から見積もりをとることです。多くの場合、同じ条件で、同時期に相見積もりを行い、比較検討の材料にします。「一括見積もりサイト」というものがインターネット上でよくありますが、これは相見積もりをするためのサイトです。フォームに入力して送信すると、同じ条件で複数の引越し業者から一度に見積もりをとることができます。相見積もりをする一括見積もりサイトはさまざまな業種でみられますが、業者によって料金に幅のある引越し業者の一括見積もりサイトは、とりわけメリットが大きいです。

比較検討は、なるべく多くの選択肢で行っておいた方が得になるというのはユーザーの一般的な見解で、口コミを見ても、「一括見積もりをして料金を大幅に抑えることができた」という書き込みが目立ちます。

相見積もりの方法は、ネットで行う方法、電話で行う方法、訪問で行う方法があります。それぞれのスタイルに合った相見積もり方法を選ぶといいでしょう。

相見積もりのメリット

相見積もりは利用するメリットが大きく、引越しを考える人の多くが引越し業者を決める前に相見積もりを行っています。相見積もりをすると、同じ条件で、一度に複数の業者の見積もりを出すことができるので、かんたんに比較検討できます。引越しにかかる料金は業者によってかなり開きがあります。ただでさえ出費がかさむ引越しですから、コストを削減できる相見積もりは利用しておきたいです。相見積もりの結果、費用を半額に抑えられたというケースも珍しくありません。無料でできまるサービスです。提携しているのはサイトの審査を通過した、信頼性のある業者ばかりなので、トラブル回避にも役立ちます。

ネット、電話、訪問など、スタイルに合わせて相見積もりの方法を選べるというのもうれしいです。帰宅後、深夜など自分の好きな時間に見積もりを出したいならネット、今すぐ見積もり額を知りたいなら電話、きめ細やかなサービスを望むなら訪問と、スタイルに合わせて選べます。

相見積もりを最大限活用する

相見積もりをすると、複数の業者に一括で見積もりをとることができるので、引越しにかかる費用を抑えるのに役立ちます。実際に相見積もりをする前に、一工夫しておくと、さらに料金を抑えることができます。

業界の一般的な傾向として、休日より平日の方が料金が安くなります。仕事の都合がつきそうだったら、なるべく平日に引越し日を設定するようにしましょう。平日に引越しを済ませることにより、土日でゆっくり片付けができてよかったという声もあります。

2〜4月というのは繁忙期です。特に4月は引越しシーズンなので、お盆と正月に航空券が高いように、一番料金が高くなります。引越しにかかる料金を低く抑えたいのなら、繁忙期以外に引越しするようにしましょう。

荷物が少なければそれだけ料金が安くなります。家具など大型の荷物の処分は、引越しの前に済ませておくといいでしょう。

このように、価格設定のスタートラインを低くしておくことにより、結果的により有利な条件で見積もりを出すことができます。

料金について

料金の算定方法

引越し業者が出す見積もり金額は、決まった算定方法によって出されます。基礎運賃・基礎作業料金+実費+付帯サービス料=引越しの請求金額、となります。適当に決めているわけではないのです。

基礎運賃・基礎作業料金の額は、引越し業者が決めるのではなく、国土交通省が決めています。どれだけの距離を運んだか、あるいはどれだけの時間作業したかによって決められます。時間で決める場合、4時間、8時間といった「基礎時間」に基づいて料金が決められます。それを超過すると追加料金が発生します。距離で決める場合、100キロなどの「基礎距離」を単位として、単位ごとに料金設定しています。超えると追加料金が発生します。

付帯サービスというのは、代表的なところだとエアコンの取りつけ・取り外し、ピアノの運搬、不用品の処分などです。自社で対応する場合は割安になりますが、提携業者に依頼する場合、引越し業者を通さず個別に頼んだほうが割安になる場合もあります。

訪問見積もりを活用

引越し料金は、相見積もりで比較検討して最安値を探すほかに、ちょっとしたテクニックでさらに安くすることができます。相見積もりで最安値を探して、さらにテクニックで料金を下げる、という流れが理想です。

そのテクニックとは、訪問見積もりを活用する方法です。営業担当者が自宅に来るのを敬遠して、ネットや電話だけで契約する人もいるようですが、もったいないことです。訪問見積もりは営業担当者に来てもらって、荷物の量などを確認してもらうので、受け身になりがちです。でも、この訪問見積もりを上手に活用することで、逆にこちらが優勢に立ち、引越し料金の値下げが可能になります。

つまり営業担当者に値下げ交渉をするということですが、この際、引越し業者と直接交渉しないようにしましょう。やみくもに値下げ請求をしても、応じる業者はいません。それよりも、他の業者を引き合いに出す方が得策です。業者同士に、引越し料金の値下げ交渉をさせるようにしましょう。

値下げ交渉

訪問見積もりは値下げ交渉する絶好の機会です。ネットや電話で見積もりして契約することもできますが、値下げ交渉のチャンスがある訪問見積もりは利用しておきたいです。

ただ「値下げしろ」と言って、値下げに応じる業者はいません。それよりも業者同士に料金の値下げ競争をさせるようにしましょう。以下に方法をご紹介します。

まず、複数の引越し業者の見積もり営業担当者を同じ日に時間をずらして呼びます。30分くらい間を空けるといいでしょう。こうすることで営業担当者に長時間居座られるのを防げるし、帰りに他の業者とすれ違うので、競争意識をかき立てるのに役立ちます。経験を積んだ営業担当者なら、どこの業者がどれくらいの値段でやるのか把握しているものなので、ギリギリの値段まで下げてくる可能性が高くなります。

見積もり料金が提示されても、その日は返事をしないようにしましょう。また、だめもとで「あと5000円引いてくれたら…」と言ってみるのも手です。思わぬ成果がでるかもしれません。

単身者引越しについて

単身引越しの料金

単身引越しは、荷物が少ない分、ファミリーで引越しするよりも料金が安くなりますが、業者側からみると、もうけが少ない分、料金を割高に設定してくる場合があります。特に大手の場合、その傾向があります。大手はテレビCMなど広告宣伝費が莫大なので、償却費用として単身者引越しの料金を高めに設定しがちだからです。単身で、しかも初めての引越しという場合、不安なのでつい大手に決めたくなりますが、中小の業者も含め、比較検討してからの方がよさそうです。

相見積もりをすると、簡単に比較検討できます。複数の業者から一括で見積もりをとれるので、料金を比較しやすいです。相見積もりをするときは、大手の引越し業者だけではなく、中小の業者とも提携しているところを選ぶといいでしょう。相見積もりをするサイトでは、審査に通った、誠実な業者だけと提携しているので、大手でなくても安心できます。トラブル回避に役立ちます。

割引制度を利用

割引制度を利用することで、単身者引越しにかかる費用を少なくできます。

例えばウェブ割引です。インターネット経由で見積もりをとり、申し込みをした場合、ウェブ割引が適応されて割引になります。

引越しの日を平日にすることで、割引になります。一般的に月曜日から金曜日までの平日は引越し料金が安く、土日や祝日などは高くなる傾向があります。平日割引を行っている業者だと、さらに安くなってお得です。

早期申込で割引になるところもあります。例えば引越し日が14日以上先など、余裕をもって申しこんだ場合は、割引になります。早めに予定を立てられる場合は、早期割引を行っている業者を選ぶとお得になります。

また無料の相見積もりサービスを行うサイトを経由して申し込むと、そのサイトの特典が適応されて割引になることもあります。相見積もりのサイトは、比較検討して最安値を探すのに役立ちますから、こちらもチェックしておきたいです。

女性向け単身引越し

女性向け単身引越しプランが増えています。女性が単身で引越しをする場合、不安なことが多いですが、女性向けパックなら安心して申し込めます。女性スタッフのみによる引越しなので、デリケートな荷物がある場合でも気兼ねすることなく任せられます。女性の女性による女性のための引越しです。

女性のための引越しサービスとはいっても、中身は一般の引越しサービスと変わりません。段ボールの引き取りや家具移動サービスなども、男性スタッフの時と同じように行ってくれます。各種電気工事などオプションサービスをつけることもできます。料金の割引制度についても、通常のサービスと同じように適応されます。インターネット申し込みで安くなるウェブ割引、早めの申し込みで安くなる早期割引、平日の申し込みで安くなる平日割引など、その引越し業者で行っているものなら適応されます。いろいろ比較して、一番お得になる業者を選ぶようにしましょう。

単身パック

転勤や進学などで単身者引越しをするときは、単身パックがおすすめです。荷物の梱包を簡略化し、割安価格で引越しできます。金額の中に運送保険料が含まれている場合はさらに安心です。単身パックの場合、2万円前後の格安料金を提示する引越し業者もあります。料金を2万円程度にできる荷物の量は冷蔵庫や洗濯機、テレビ、掃除機、ミニソファー、ミニチェスト、布団、段ボール5個程度です。これを専用箱に入れたり、ワゴンにつめたりしてトラックで運びます。新しく家具をそろえようと思っている場合は、引越しの前に家具を処分しておくといいでしょう。そして引越し先では、新しい家具を家具屋に運んでもらうようにします。

単身パックを取り扱う引越し業者はかなり増えています。業者側にとって利益の薄い単身者の引越しは、割高料金になりがちでしたが、梱包、輸送を簡略化することで、リーズナブルな単身パックが多く登場しています。ただ料金は業者によってまちまちなので、まずは比較検討してみるといいでしょう。

主な引越し一括見積もりサービス

取り外し・取り付けサービス

エアコン取り外し・取り付け一括見積もりサービス

ウォシュレット取り外し・取り付けサービス

電気会社・ガス会社・インターネット回線の料金プラン比較サービス

そのほかにも、料金プラン比較で簡単に安い業者が見つけられるサービスがあります。わざわざ高い会社を利用することもないので、引越し時にまとめて申し込みを済ませてしまいましょう。

電力会社の申し込み・料金比較

都市ガスの申し込み・料金比較

インターネット回線の申し込み・料金比較

料金支払いでポイントが貯まるクレジットカード

都道府県 : 北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県