一括見積もり査定で費用料金比較がおすすめ!
ホーム > 単身引越しの値段

単身引越しの値段、格安はどこ?近距離か長距離か、時期はいつかによっても異なる価格相場はだいたいいくらくらい?料金が1番安い安いのはどの会社のサービス?

引越し一括見積もりサービス一覧

条件がいい引越し業者を見つけよう

単身引越しの値段

依頼先を決めるとき、1番気になるのは、やっぱり値段ですよね。

同じ条件でも、業者によって提示される金額は異なります。また、同じ業者でもタイミングによって提示される金額は異なります。なので、1社だけではなく、複数の会社にアプローチしてみることがすごく大切です。

そこでおすすめなのが、インターネットの一括サイトです。一度のフォーム入力で複数の業者にアプローチできて非常に便利なので、ぜひ利用してみてください。

単身引越しについて

単身引越しとは?

単身引越しというのは、一人暮らしや単身赴任のサラリーマンなどが利用する一人分の荷物の引越しパックです。引越し業者では、様々な単身引越しサービスを展開しています。

値段ごとに数種類の大きさの専用コンテナボックスを用意し荷物の量に応じてサイズが選べたり、ワンルームの部屋の引越し専用のお得なコースを設定している引越し業者もあります。基本的には前日までに小物の梱包をある程度済ませておけば、あとは大きな家具や家電の梱包や搬出、運搬や搬入、セッティングなどを全て業者がやってくれるのでとっても便利です。

また、業者によっては女性スタッフが見積もりから梱包までを引き受けてくれるサービスもあるので、特に女性の一人暮らしの人には安心です。家電や家具など重い荷物だけを業者に任せるコースや、同じ地域へ引越しをする人の荷物を1台のトラックに積んで一緒に運ぶことでコストを抑えるサービスを展開しているところもあります。業者によってサービスやコース内容も様々なので、事前に色々と調べてみると効率よくお得に引越しができます。

単身引越しのメリット

引越しをする際に引越し業者に頼まなくても、近場だったら自分で車を使って運んだほうがお得だと考えている人もいるでしょう。しかし自分でやってみると、かなり労力がかかり意外と出費がかさむケースもあります。

引越しするにはトラックが必要なので、まずはトラックのレンタル料とガソリン代がかかります。更に自分一人では大きな物は運べないから友人や家族に手伝ってもらうことになり、食事代や最低限のお礼代は礼儀として必要になります。そのうえ、割れ物や液体状のものは上手く梱包して運ばないと壊れたり他のものを汚すことになるし、大きな家具の梱包はとても大変で労力がかかるうえに、慣れていないのでケガをすることも考えられます。

その点引越し業者に頼めばプロなので手早く丁寧に梱包し、安全に運んでくれるので手間も時間もかかりません。自分はそばで置き場所などについて指示しているだけでいいのでとってもラクです。自分で梱包することの手間や荷物が破損するリスクを考えたら、やっぱり専門の引越し業者に頼んだほうが効率的だと言えます。

料金の相場

単身引越しを利用する際には、料金の相場についてもしっかりチェックしておきましょう。単身引越しの料金相場は、荷物の量や引越し先までの距離、大都市か地方か、引越し繁忙期か閑散期かなどの条件によって料金が異なります。

荷物の量が多ければ当然料金がかさみ、大きい家電や家具がたくさんあると人件費も余分にかかります。更に長距離だと高速料金やガソリン代などがかかり、繁忙期だとそれだけ業者もアルバイトなどを余分に雇うので料金がかかります。またマンションでエレベーターがない場合などは、搬出入に労力がかかるので割増料金を取られる場合もあります。

一般的な単身引越しの相場は、大都市で移動距離が200キロ以内の近距離、荷物量もさほど多くない場合だと一般的に相場は4、5万円前後だと言われています。地方都市の場合は、2万5000円から4万円前後が相場です。更に荷物量は普通でも移動距離200キロを越える長距離の引越しだと、13万円前後から15万円程度かかると言われています。なお、繁忙期だと相場の3割増しぐらいの値段になることもあります。

単身パックの容量

引越し業者が設定している単身パックは、業者ごとに大きさや料金が異なります。でも単身パックといってもどの位の量、大きさのものが運べるのかぱっとイメージしにくいですよね。

一般的な目安としては、一人暮らしの部屋に一般的に置いてある量や大きさの家電製品や家財道具などが当てはまります。具体的には布団や小型冷蔵庫、小型洗濯機や小さめのソファー、小型テレビや電子レンジ、掃除機などの家電や家具に、みかん箱サイズのダンボール箱が5、6箱もしくは衣装ケース3つ程度なら一つのコンテナボックスで収納できます。

少し荷物量がオーバーする場合は、コンテナボックスを増やせば十分単身パックでも利用可能です。ただ家具が大きい場合はコンテナボックスに収納できないし、あまりに荷物が多い場合は単身パックではかえって料金が高くつく場合があるので、一般の引越し便を検討したほうがよいでしょう。一人暮らしだから単身パックでよいと安易に決め付けないで、自分の荷物の量や大きさを把握した上でどのようなタイプの引越しプランにするかを検討することから始めましょう。

業者選びについて

業者選びのポイント

引越し業者を選ぶ際には、自分の引越しスタイルにあった業者を選びましょう。まず全体的に荷物量が多く、壊れ物や貴重品など扱いに注意が必要なモノがあり、引越し先での家具や家電の配置まできっちりやって欲しいという場合は、従業員やトラックをたくさん持っていて梱包技術が高い大手の引越し業者がおすすめです。

更に荷物は多いけど余分なサービスは要らない、料金は安いほうがよいという人なら、料金は比較的リーズナブルで対応が親切な地元の中小規模の引越し業者が良いでしょう。そして荷物が少なく梱包に人が要らない、急いで引っ越さなくてもよい、料金は格安がよいという人なら、専用のコンテナボックスに荷物を詰めて運搬してもらうタイプの単身パックがとてもリーズナブルです。また、同じ地域行きの他人の荷物と一緒に運搬される混載便などは到着日時の指定はできませんが、料金が格安で済みます。

自分に合った引越しプランが決まったら、あとは数社に見積もりをして料金が安くサービスが行き届いているところ、口コミなどを参考に評判の良いところを選ぶとよいでしょう。

業者選びの注意点

引越し業者はたくさんあるのでどこにしようか迷いますが、自分の引越しスタイルを決めたら、まずは見積もりと情報収集をしましょう。

ネットからでも家財道具の数や移動距離、希望日などを入力すれば簡単に引越しの見積もりができるので、数社に依頼して金額を比較しましょう。あまりに安すぎるところだと荷物の扱いが雑にならないか不安だし、高すぎると負担が大きいので平均的な料金のところをピックアップしてみましょう。

更に料金が同じ位なら、作業員が何人ぐらい来てどの程度梱包をしてくれるか、ダンボールやガムテープなどの梱包材が無料でついてくるか、時間の融通が利くかなどサービスの内容も問い合わせて確認しましょう。また見積もりの際はスタッフが親切で丁寧な対応をしてくれるか、万一の場合を考えて荷物にきちんと保険がかけられているかなどもチェックしましょう。見積もりの段階で即決割引を使って契約を迫ったり、他社の悪口を平気で言うような業者は良心的だとは言えないので注意しましょう。

料金を安くするコツ

引越し業者に依頼する際にはできればサービスはそのままで、料金を安くしたいものですよね。引越し業者にかかる料金には人件費やトラック代、ガソリン代や梱包材等にかかる費用などがありますが、人件費やガソリン代などは必要経費だし、あらかじめ相場が決まっているので値切るのは難しいでしょう。

しかしトラックにかかる費用はトラックが自社所有であったり、長期にわたるリースであり引越しのスケジュールが詰まっていなければ安くしてもらえる可能性があるので交渉してみましょう。あとは他社から取り寄せた見積もりの提示額を伝えれば、たいていの引越し業者は自社で契約してもらおうとして料金を下げたり、割引をしてくれる場合があります。

業者と交渉してある程度の値引きが成功したら、後は料金ダウンのために自分でできることをやりましょう。不要なものはこの際処分して荷物の量を減らしたり、出来る限り自分で梱包するなどして作業員の人数や拘束時間を減らせば料金もぐっと安くなります。

ネット見積もりについて

ネット見積もりの流れ

引越し業者の単身パックを利用して引越ししたいと思ったら、まずは見積もりをとることから始めましょう。今は電話で問い合わせをしなくてもネットから簡単に見積もりが依頼できるので、数社の見積もりをとってみましょう。

ネットの検索エンジンで引越し単身パック、見積もりというキーワードを入力すると、引越し業者の見積もりが依頼できるサイトが簡単に出てきます。5、6社の引越し業者へ一括で見積もりが依頼できるサイトもあれば、自分で数十社から好きな業者を選んで見積もりがとれるサイトもあります。

引越しのプランや引越しの出発地と到着地、引越し希望日やエアコンの取り外しなどオプション希望の有無などを入力し、家電製品や家具などの家財道具の一覧表で運んで欲しいものをチェックするなどして送信すれば完了です。数日後各会社から見積もりの結果をメール若しくは電話で連絡してきます。全ての見積もりを比べながら、自分で納得のいく料金の業者を選びましょう。

ネット見積もりのメリット

通常引越し業者に見積もりを依頼する際には電話でまず問い合わせますが、繁忙期はなかなかつながらなかったり、即決を迫られたりと引越し前の忙しい時期に煩わしいことが多いのが難点です。しかしネットで見積もりを依頼すれば、数社の見積もりが短期間のうちに揃うのでとても効率的です。

更に一括見積もりを利用すれば、1回の入力で済むので面倒な作業を何度もする必要がなく、時間的なロスも少なくて済みます。また仕事で遅くなったりして、引越し業者の営業時間中になかなか電話ができないという人にも有効的です。

見積もりの連絡もメールにしておけば電話がかかってくる面倒もなく、自分が頼みたい業者にのみ連絡を取ればよいので気分的にもラクです。更に各社の料金やサービスが分かりやすいので、自分の引越しプランに合った業者選びもスムーズに進みます。また、引越し業者の中には一括見積もりを利用しての申込で受けられる割引サービスを設けているところもあるので活用すればお得です。

ネット見積もりでの注意点

ネットで引越しの見積もりを頼む際には、できるだけ早い時期に依頼しましょう。繁忙期だと業者のスケジュールが埋まりやすいので注意が必要です。自分で荷物を梱包する時間も必要なので、引越し1ヶ月位から最低でも2週間前位までには見積もりを依頼しておきましょう。

見積もりを依頼する際は面倒だからと荷物の量を適当に入力すると正確な見積もりがとれず、実際に立会い見積もりをしてもらった際に思っていた費用よりも高くなってしまったという場合もあります。ネットの見積もりであっても、特に荷物の量については正確に入力してください。

更に引越し業者数社の見積もりをとって料金やサービス内容を比較することは大切ですが、あまりにたくさんの業者に見積もりを依頼しすぎると目移りしてしまってなかなか決まらないという人もいます。迷っているうちに時間だけが経過し、結局候補に挙がっていた業者のスケジュールが埋まってしまうことにもなりかねません。引越しを効率よく進めるためには、5社程度の業者をピックアップして見積もりを依頼するのが妥当だと言えます。

主な引越し一括見積もりサービス

取り外し・取り付けサービス

エアコン取り外し・取り付け一括見積もりサービス

ウォシュレット取り外し・取り付けサービス

電気会社・ガス会社・インターネット回線の料金プラン比較サービス

そのほかにも、料金プラン比較で簡単に安い業者が見つけられるサービスがあります。わざわざ高い会社を利用することもないので、引越し時にまとめて申し込みを済ませてしまいましょう。

電力会社の申し込み・料金比較

都市ガスの申し込み・料金比較

インターネット回線の申し込み・料金比較

料金支払いでポイントが貯まるクレジットカード

都道府県 : 北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県