一括見積もり査定で費用料金比較がおすすめ!
ホーム > 東京都内の引越し費用

東京都内の引越し費用、安い業者はいくら?単身者・家族・学生・女性の一人暮らし・就職、激安格安の金額で引っ越したいなら、比較サイトで料金相場を知る方法がおすすめです。

引越し一括見積もりサービス一覧

格安の業者を探そう

東京都内の引越し費用

東京都内発着の引越しというと、非常に多くの運送会社があるので、その中から依頼するところを選ぶのにも迷ってしまう方も多いかもしれませんね。

そんな方は、まずは比較サービスを利用して、料金を比べてみてはいかがでしょうか?そうすれば、高い業者と安い業者が一目瞭然です。ダンボールなどの無料サービスの有無も判断材料にするといいでしょう。

その中で、1番納得できる条件を提示してくれたところに依頼すれば、費用も安く済ませることができますよね。

引越しの料金

料金の内訳

引越しの料金というのは、基礎運賃・作業料金、実費や付帯サービスからなります。基礎運賃・作業料金とは国の引越し約款できちんと決まっており、時間もしくは輸送距離で算出されます。時間で算出する場合は、4時間または8時間が基本で1時間超過すごとに追加料金が発生します。

距離で算出する場合は100キロが基準で、輸送距離が100キロを越えてくると追加料金がかかります。輸送距離100キロまでは距離での算出、100キロを超えたら時間で算出されるのが普通です。あとは、トラックの大きさや台数などにより基本料金が設定されます。

更に実費には、運転手や梱包・運搬作業員の人件費やダンボールなどの梱包資材費、トラックのガソリン代や高速道路を使う場合は利用料金などが含まれます。また付帯サービスというのはエアコンの取り外しや取り付け工賃、ピアノなどの搬出入、ペットの搬送などが含まれます。エアコンの取り外し、取り付け工賃は1万円から2万円前後、ピアノの運搬は4万円程度が相場となっています。また、万一荷物が破損した場合の補償をつけている業者もあります。

都内引越し料金の相場

引越し業者に依頼する場合、料金の相場はどのくらいなのかあらかじめチェックしておきましょう。引越し料金は、輸送距離や引越しにかかる時間、必要なトラックの大きさや台数、作業員の人数などにより異なります。荷物の量によるので一概には言えませんが、おおむね2LDKの部屋で4トントラック1台が目安になります。作業員の人件費については、平均して1人につき1万5000円程度かかっています。

東京都内発着の引越で、両親と子供2人の4人家族で3LDK、荷物が普通量だと12万円から15万円程度が相場です。また、荷物が少なめで1部屋少ないと5万円から8万円程度で収まる場合もあります。更に、単身のワンルームだと3万円から5万円程度が相場となります。

休日や繁忙期になると3割から5割増しになる場合もあるし、付帯サービスをつけると更に料金がかかります。紹介した引越し料金の相場はあくまでも目安なので、きちんとあらかじめ見積もりをとることをおすすめします。

時期と料金

世間で引越しが多くなる時期は、引越し業者への需要も高まるので必然的に料金も値上がります。会社での人事異動に伴う引越しが増える3月や9月、特に3月は新社会人や大学生も一人暮らしをはじめる時期と重なるので引越しの繁忙期と言われています。

またカレンダーで言うと、月の半ばや休日、祝日、特に連休の初日や中日、更に大安は引越しを考える人が多く料金が高くなっています。繁忙期や連休などは黙っていても引越し業者には依頼が舞い込むので、通常の倍額以上の費用を請求されることもあります。

できれば繁忙期を避けて、月始めや月末の平日や仏滅の日を狙うだけで費用がかなり抑えられます。また引越しが少ない時期は引越し業者のスケジュールも比較的空いているので時間の融通が利きやすく、お客さんをどうしても獲得したいという思いから割引してもらえることもあります。引越し期間に余裕がある人なら、できるだけ引越しが集中する時期を避けたほうがお得です。

料金を安くするには

引越し業者を使う際には、少しでも引越しの料金を安くしたいものですよね。まず繁忙期や休日などを避ければ、かなり料金を抑えることが可能です。しかし仕事や就職などの都合でどうしても避けられない場合は、引越しが決まった段階でできるだけ早めに依頼するようにしましょう。

業者のほうもスケジュールがまだかなり空いていれば、値段交渉に応じてくれる場合もあります。また、お日柄が悪いとされる仏滅や赤口の日を選ぶと料金も安くなります。更に業者に来てもらう時間を午後にすると多少値段が下がります。引越しは通常午前中に始まり、午後の早い時間で終わってしまうことがあります。しかし業者のほうは1日フルにトラックや作業員を使いたいので、料金を下げてでも午後の遅い時間から依頼を受けたいと考えているからです。

あとは、荷物の量を減らすために引越しを機に不要なものを処分したり、できるだけ自分で梱包を完成させておくと値段が抑えられます。また業者に見積もりを依頼する段階で、前日までに段取りして梱包をきちんとしておく旨を伝えておくことも大切です。

一括見積もりについて

一括見積もりのメリット

引越し業者への見積もりを依頼する際には、ネットからの一括見積もりがおすすめです。従来のように業者のホームページを検索して1社ごとに必要事項を入力して頼んでいると、時間や手間がかかります。しかし一括見積もりができるサイトを利用すれば、住所や引越し希望日、荷物の内訳などの面倒な入力作業が1回で済み、簡単に数社への見積もり依頼ができるので手間隙がかかりません。更に、数社分の見積もりが短期間で手に入るのでとても効率的です。

また、引越し業者によっては一括見積もりを利用して見積もりを頼み、引越しを依頼したお客さんを対象とした割引を実施しているところもあるので活用すれば費用が多少は安くなります。そして見積もり書が揃えば料金やサービスが一目で分かるので、プランに最適な業者を選びやすいのもポイントです。

一括見積もりは無料でできるし、メールで見積もりを受け取るようにしておけば業者から電話がかかってきて即決を迫られることもなく、自分のペースで業者選びができます。

一括見積もりの申込法

ネットからの引越し料金一括見積もりは、簡単に申込ができます。まずYahoo!などの検索エンジンから「引越し 一括見積もり」などと単語を入力して検索すれば、一括見積もりを行っているサイトがたくさん出てきます。サイトによってはあらかじめ見積もりできる業者が指定されているところもありますが、気になる業者が含まれていない場合は数十社の中から業者を選択できるサイトにするとよいでしょう。

また一括見積もり依頼者限定で、引越し料金が割引になったりダンボールや布団袋などの梱包材やお米など商品が無料でもらえたり、家具移動や不用品引取りサービスがついてくるなどの特典をつけているサイトもあるので活用しましょう。

あとはサイトの申込フォームにアクセスして、現住所や引越し先の住所、部屋の間取りや荷物の量や内訳、引越し予定日、時間などの必要事項を入力していきます。また見積もりの結果は文書で貰ったほうが分かりやすいので、メールか郵送での連絡を依頼しておくとよいでしょう。数日後には業者からの見積もりがどんどん届くので、値段やサービスを見比べて業者選びの参考にしましょう。

見積書の確認ポイント

一括見積もりを依頼して見積書が届いたら、実際に引越しを依頼する際に困らないよう最低限確認しておきたいことがあります。まずは、基本的なことですが業者名と所在地、電話番号や担当者、引越し事業の許可がなされているか許可番号をチェックします。更に引越しの日時と時間帯、現住所や引越し先の住所地にも間違いがないか確認します。

そして荷物が多すぎる場合や作業員が追加で必要になった場合の追加費用や対応の仕方、梱包や組み立てなどの作業はどこまで請け負うのか、梱包材はどの位必要で料金がかかるのかもきちんと見ておきましょう。また万一荷物が破損した場合の対応や補償限度額、基本料金に更に追加で費用がかかるのはどんな場合か、有料オプションとなるのはどんな作業かなども後々困らないようにチェックしましょう。

見積もりを出すと割引を持ち出して契約をせかせる業者もいますが、焦らずじっくりと考えてから決めましょう。また引越しのキャンセル料は原則3日前まではかからないので、万一対象期間外に請求されても払う必要はありません。

業者の選び方

自分の引越しプランを決める

引越し業者へ見積もりを依頼する際は、自分の引越しスタイルに適した業者を頼むことが大切です。引越し業者には、全国に支店を展開していて、スタッフの数もトラックの保有台数も多い大手のチェーン店もあれば、規模は小さいけど料金が割安なのが魅力の地域密着型の中小系の業者もあります。

一般的に運んでもらう荷物が多く、壊れ物や高価なものなど慎重に運搬して貰いたいものがあり、新居での家具の配置などもきちんとしてほしいという人なら、大手のチェーン店が最適です。大手のチェーン店は優れた梱包材を使用し、梱包技術にも長けており、作業員もトラックも希望通りに手配できる場合が多いからです。ただ値段が少し高めで、訪問見積もりと実際に作業するスタッフが異なるので、引越し日に見積もりと違う作業にならないかを確認しておきましょう。

また料金をできるだけ安くしたい、荷物は多いけど取扱いに特別注意が必要なものはないという方なら地域の中小系の業者でも大丈夫。割引率は高いのでお得ですが、荷物への補償が少なかったり、作業が雑になるなどアタリハズレがあるので業者選びが肝心です。更に荷物の量が少ない人なら、あらかじめ決められた大きさのコンテナボックスに荷物を詰めて運搬する引越し業者の単身パックを利用すると割安です。

業者選びのコツ

できるだけ安く効率よく引越しを行うためには、よい引越し業者を選ぶことが大切です。自分の引越しスタイルが決まったら、まずはネットの口コミや周りで引越しを経験した人から情報収集をして評判のよい業者をピックアップしましょう。更に候補に挙がった数社の業者へ見積もりを依頼し、サービスに見合った料金かを比較しましょう。

また見積もり書は項目別に区分けされていて見やすいか、追加料金が発生する場合やオプションとして料金がかかるサービス、万一荷物が壊れた場合の補償についても明確に記載されているかもチェックしておきましょう。

何社かに絞り込んだら、実際に連絡をとって訪問見積もりに来てもらいます。その際スタッフの対応が丁寧か、質問にはきちんと答えてくれるか、こちらの希望を聞いた上で柔軟な対応をしてくれそうかなども確認しましょう。契約を急かされても焦らず、時間が許せば最低でも2、3社に訪問見積もりをしてもらってから依頼したほうがよいでしょう。

悪徳業者の見分け方

引越し業者の中には見積もり以上の料金を不当に要求したり、荷物が破損しても補償がないなど良心的ではない業者もいるので、安いからといってすぐに頼むのは危険です。まず正当な業者は国土交通省から引越し業の許可を受け許可番号が与えられているので、番号の有無を確認しましょう。

更に万一荷物が破損した際の対応や補償額、追加料金がかかるのはどのような場合かなどをしっかり明示している業者なら安心できます。そして、見積もりの際にすぐに割引ばかりしてくる業者は一見お得な感じがしますが、実はあらかじめ料金を高めに設定しているだけなんてこともあります。

訪問見積もりに来てその場で契約を迫ったり即決しないと態度が悪くなる業者や、自社のアピールをするために他社をけなすような業者も利用したくないものです。またよく見積もりの段階で引越し用のダンボールが無料なので置いていく業者もありますが、契約しなければ買取や返品を求めるケースもあるので注意が必要です。

主な引越し一括見積もりサービス

取り外し・取り付けサービス

エアコン取り外し・取り付け一括見積もりサービス

ウォシュレット取り外し・取り付けサービス

電気会社・ガス会社・インターネット回線の料金プラン比較サービス

そのほかにも、料金プラン比較で簡単に安い業者が見つけられるサービスがあります。わざわざ高い会社を利用することもないので、引越し時にまとめて申し込みを済ませてしまいましょう。

電力会社の申し込み・料金比較

都市ガスの申し込み・料金比較

インターネット回線の申し込み・料金比較

料金支払いでポイントが貯まるクレジットカード

千代田区 中央区 港区 新宿区 文京区 台東区 墨田区 江東区 品川区 目黒区 大田区 世田谷区 渋谷区 中野区 杉並区 豊島区 北区 荒川区 板橋区 練馬区 足立区 葛飾区 江戸川区 八王子市 立川市 武蔵野市 三鷹市 青梅市 府中市 昭島市 調布市 町田市 小金井市 小平市 日野市 東村山市 国分寺市 国立市 福生市 狛江市 東大和市 清瀬市 東久留米市 武蔵村山市 多摩市 稲城市 羽村市 あきる野市 西東京市 瑞穂町 日の出町 檜原村 奥多摩町 大島町 利島村 新島村 神津島村 三宅村 御蔵島村 八丈町 青ヶ島村 小笠原村