一括見積もり査定で費用料金比較がおすすめ!
ホーム > 新居への引越し費用

新居への引越し費用はいくら?運送業者への申し込み手続きはインターネットの比較Webサイトから。繁忙期や閑散期の平均費用・目安相場はだいたいいくらくらい?

引越し一括見積もりサービス一覧

新生活のために費用を節約しよう

新居への引越し費用

新しい住まいでの暮らし。そのための準備で欠かせないのが、運送業者への予約申し込みですよね。でも、どこを利用するかでお悩みの方もいらっしゃるかもしれません。

そんな方におおすめなのは、直接運送業者に連絡するのではなく、一括Webサイトから見積もりを申し込む方法です。

この方法であれば、一度の手間で複数の運送業者から見積もりを取り寄せることができます。その中から、1番安いところに依頼すると費用も節約できてお得ですよ。

事前準備

荷物の内容をメモ

新居へ引越しをする際に、もって行く荷物をリストにまとめておきましょう。一括見積もりサイトにアクセスすると「どんな荷物が、どのくらいあるか?」を記入する欄にたどり着きます。そのときになって、慌てないようにしましょう。また、引越すにあたって持って行かない荷物(捨てる、友人に譲るなど)もリストに挙げておきましょう。引越し業者によって、不用品の引取りを行う・行わない、有料・無料などの違いがありますので、捨てるつもりのものもメモしておくと便利なのです。

東日本と西日本をまたいでの引越しをするときは、家電製品が使えなくなるケースもあります。単に捨てるよりは、リサイクルショップなどに持ち込む時間があるなら、是非とも買い取ってもらいましょう。引越し費用の足しになるかもしれません。

引越し先に持っていく冷蔵庫、洗濯機、本棚などの品目と、それぞれのサイズもできればメモしておくと良いでしょう。書籍などは、「何センチの本棚に何段分の本があるか」という内容だけでもメモしておくと良いでしょう。衣類などは「タンス、カラーボックス、ミカン箱などに詰めるとどのくらいになるか」をメモしておくと良いでしょう。一括見積もりサイトにアクセスするのは、その後でも遅くはありません。

一番大事なことは?

一括見積もりを依頼する前に「ご自身にとって、一番大事なポイントは何か?」を考えておきましょう。引越し業者はたくさんあり、一括見積もりサイト、ランキングサイトなどを見ると、100社を超える引越し業者を見つけることができます。その中で自分に合う業者を見つけるのは大変なのです。

自分のニーズに合う業者を見つけるためには「一つの業者を、ピンポイントで見つける」のは大変です。自分のニーズに合わない業者を候補から外していく、という考えをすると良いでしょう。

たとえば「不用品がたくさん出るので、引き取ってくれる業者が良い」「早くに引越す必要があるので、一番早く見積もり、契約、引越しを進めてくれる業者でないと困る」など、大事なポイントがあるはずです。これがハッキリしていると、業者選びが楽になります。一括見積もりサイト、あるいは引越し業者のランキングサイトなどで、「良い」とされている業者でも、自分のニーズに合わないと意味がありません。

引越し費用の内訳

引越し費用は、大きく分けて三つあります。「運賃」「実費」「オプション費用」です。一括見積もりを利用した結果を見る前に、ご自身である程度の相場を知っておくことで、見積もり結果を検討しやすくなります。

運賃は、基本料金と割増料金(休日割増、深夜早朝割増、冬期割増など)、車両留置費用などに分類されます。インターネットなどを使えば相場は調べられます。ご自身の引越し荷物が「トラック何台分になるか?」「距離は何キロか?」の見当をつけておきましょう。

実費は、人件費、梱包資材料金、特殊機械使用料などです。人件費は、1DKの場合で作業員は1人、2LDKの場合は2人など、およその目安はあります。また、高い階の引越し作業で、エレベータがないといった場合には、作業員を増員することになります。オプション費用は、乗用車の回送、ピアノなどの運搬、エアコンの取り外し、取り付けといったオプション作業にかかる費用です。

業者を比較する意味

一括見積もりを利用して、複数の引越し業者を比較することには「自分に合った業者を選ぶ」「悪質な業者を選ばない」という二つの意味があります。一括見積もりで得られた結果は、金額の安さだけを検討するのではなく、その金額にどこまでのサービスが含まれているかを、キチンと確認する必要があります。

引越しの際に、自分の希望がハッキリしているほど「自分に合った業者を選ぶ」ことができます。たとえば「不用品がたくさん出るので、引き取ってくれる業者が良い」「早くに引越す必要があるので、一番早く見積もり、契約、引越しを進めてくれる業者でないと困る」など、大事なポイントをクリアしている業者を選びましょう。

また、一括見積もりを依頼すると、自分に合わない業者が出てきます。複数の業者の中から「合う・良い業者を選ぼう」とするのは大変ですが、合わない・悪い業者を候補から外していき、残った業者を選ぶという考えをすると、業者選びが楽になります。

比較ポイント

良い業者とは?

良い引越し業者とは、自分に合う業者のことです。一括見積もりサイトを利用すると、複数の業者から見積もり結果を受け取ることができ、どの業者が「良い」のか、どの業者を選ぶと「お得」なのか、戸惑うこともあるでしょう。そのような場合に「自分にとって、引越しで一番大事なポイントは何か」がはっきりしていると、選ぶのが楽になります。

また、たくさんの業者の中から「良い」業者をピンポイントで選ぶことは、なかなか難しいものです。そういう場合には、一括見積もりの結果が「あまり自分に合わない業者」を候補から外していき、ある程度絞り込んでから、良い業者を選び出すようにすると良いでしょう。

一括見積もりを依頼してから、即日・翌日に結果が出る業者ばかりではありませんが、あまりにも返答が遅かったり、返答が遅れている理由をはっきり伝えてくれない業者は、候補から外すと良いでしょう。一括見積もりサイトは便利ですが、業者に電話をかけてみて、その対応の仕方を確認することも、良い業者選びにつながります。

自分に必要なこと

一括見積もりの結果は「金額の安さ」のみに注目すればいいのではありません。複数の業者のサービス内容もチェックすることが必要です。

たとえば、引越しの際には、どうしても不用品が出ます。不用品の引き取りを、無料でしてくれる業者もあります。ただ、自分でリサイクルショップ・古着屋・古書店などに持ち込んで、買い取ってもらったほうが、「確実に必要としてくれる人のもとに届く」という意味で、安心できることもあります。逆に、引越し業者が受けている営業許可の種類によっては、不用品の引取りが法律上できない、というケースもあります。そのことを確認していないと、当日になって慌てることになります。

荷物を梱包してトラックなどに積み込む作業から、荷おろし・荷解きまでしてもらえるコースや、ほとんど「運搬のみ」を依頼して、費用を抑えることができるコースなど、さまざまな設定を行っている業者があります。自分でできる作業はどれか、業者に依頼しなければならない作業はどれか、明確にしていればいるほど、自分に合う引越し業者を選べることになります。

費用の明瞭さ

引越し費用の内訳を明瞭にしてくれる業者のほうが安心です。一括見積もりを依頼するときには、できるだけ正確な情報を書き込むほうが、正確な見積もり結果を出していただけます。

引越し費用はおおきくわけて、「運賃」「実費」「オプション費用」があります。基本料金にプラスして、特別な作業・費用(深夜・早朝の運搬作業、楽器など高級品の運搬にまつわる費用、長時間トラックを駐車するためにかかる費用など)がかかることになります。これらの費用が「なぜ」かかるのかを、きちんと説明してくれる業者のほうが、安心して依頼できますね。

一括見積もりを依頼して、「お金」にまつわることを考えていると、「友人・知人に頼んで、なんとかできないか?」という考えが出てくることもあります。ただ、「知人のよしみ」で依頼をすると、荷物の破損・紛失などのトラブルがあった場合に、後の人間関係がうまくいかなくなる、ということもあります。引越し業者に「仕事」として依頼していると、弁償・賠償の話をしやすいという面がありますので、よく考えてください。

注意点

金額とサービス内容

一括見積もりの内容は、提示された「金額だけ」を比較検討すれば良いのではなく、「自分にとって大事なポイントがクリアされているか?」「それで金額はどのくらいか?」が大事になります。

一括見積もりの結果が届くタイミングには差があります。その「差」も比較検討のポイントです。即日・翌日に見積もり結果が届けば嬉しいですが、なにも「一番早い業者に頼まなければならない」という決まりはありません。お急ぎの方はそれも大事かもしれませんが、2,3日は待ってみて、数社の結果が出揃ってから比較検討しましょう。ただし、1週間経っても返答がない業者・見積もりが遅れている理由を伝えてくれない業者は、候補から外してもかまわないでしょう。

数社の中から1社をピンポイントで「選ぼう」とすると、なかなか決められないことになります。「自分には合わない」と思う業者を候補から外していき、ある程度絞り込んでから、良い業者を選びましょう。また、引越しの距離が近い場合には、大手の引越し業者だけではなく、個人事業主の方が運営されている運送業者・便利屋などに相談してみるのも、一つの案です。

変更が生じたら?

一括見積もりを依頼し、見積もりの結果が出た後に、荷物の内容にもれ・抜け・変更があった場合には、早く業者に連絡しましょう。引越し作業時に行き違いが起こると大変なことになります。たとえば、引越し業者が受けている営業許可の内容によっては、不用品の回収をお願いしても、できない場合があります。事前にこの点を確認できていればいいのですが、引越しの当日になって、できないことがわかると大変です。早くに連絡をして、変更が可能かどうかを業者と話しておきましょう。

ただ、早期に連絡をすれば、変更事項に応じてもらえることも多いです。一括見積もりをお願いする段階で、全てを完璧にできなくても、引越し業者の担当者と相談しながら、当日の作業が滞りなく済むようにしましょう。

正式な契約を結んでからの変更は、なるべく避けることが大事です。どうしても、変更が生じることに不安を感じるならば、一括見積もりサイトを通して、引越し業者の方に自宅に来てもらい、確認をしながら見積もりを出していただくという方法もあります。

電話をかけてみると?

一括見積もりサイトは、インターネットを通して複数の業者に見積もり依頼ができる、というメリットがあります。ただ、文字だけのやり取りとなりますので「引越し業者の雰囲気、相性がつかみにくい」と考える人もいます。また、引越しを急いでいる場合には、業者へ直接電話をかけて話すというのが、一番便利です。

一括見積もりサイトには「どの地域から、どの地域に引っ越すのか?」「人数は何人か?」といった簡単な質問に答えると、対応可能な引越し業者が表示されるサイトもあります。その上で電話をかけて、自分に合う業者を選ぶのです。電話をかけると「何が何でもこの業者に依頼しなければならない」という気持ちになる人がいますが、そうではありません。

電話での見積もり依頼をする前には、必ず「荷物の内容」「引越しの時期・期限」「引越し先の住所」「何人家族か」など大事な点をメモしておきましょう。時間がないときほど、連絡事項のもれ、抜け、行き違いなどが生じると、ますます作業が遅れることになりますので、丁寧に連絡を取り、作業を一つ一つ進めましょう。

主な引越し一括見積もりサービス

取り外し・取り付けサービス

エアコン取り外し・取り付け一括見積もりサービス

ウォシュレット取り外し・取り付けサービス

電気会社・ガス会社・インターネット回線の料金プラン比較サービス

そのほかにも、料金プラン比較で簡単に安い業者が見つけられるサービスがあります。わざわざ高い会社を利用することもないので、引越し時にまとめて申し込みを済ませてしまいましょう。

電力会社の申し込み・料金比較

都市ガスの申し込み・料金比較

インターネット回線の申し込み・料金比較

料金支払いでポイントが貯まるクレジットカード

都道府県 : 北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県