一括見積もり査定で費用料金比較がおすすめ!
ホーム > 荷物が少ない引越し

荷物が少ない引越し、いくらになる?単身復任や学生の一人暮らしなど、少量・小規模の運送。安くする方法なら、インターネットのオンライン一括見積もりサービスの利用。

引越し一括見積もりサービス一覧

一人暮らしでも見積もり料金を比べて、安い業者を探そう!

荷物が少ない引越し

少量の荷物を運んでもらう単身引越し。家族のそれと比べれば安価ですが、やっぱり業者によって値段はいろいろ。少しでも安いところに依頼したいですよね。

でも、大変なのが見積もり依頼作業。相見積もりのほうがいいとわかっていても、その面倒さから、最初から依頼する業者を決めてしまって損をする方もいらっしゃるかと思います。

そこで、おすすめなのが、一括見積もりサービスです。一括なら一度の手間で、複数の大手業者や中小業者に見積もりを依頼できます。各社が提供する専用プランやパックの料金を比べて、1番安いところを探してみてはいかがでしょうか?

単身者の引越しについて

料金比較

大学進学や就職をきっかけに一人暮らしを始めることになったという方や、職場で異動辞令が出て、単身赴任を余儀なくされた方などを対象に一人分の引越しが発生することがあります。単身者の引越しであれば、一般的な引越トラックでは大きすぎますね。そんな場合には引越し業者が販売する単身引越しパックなど、単身者向けの引越しを依頼するとよいでしょう。単身者向けの引越しでも、住む部屋によって荷物の量も変わってくることでしょう。荷物の量にも対応できるプランが各種そろっていますので、無駄のない引越ができること間違いありません。

またどこの引越し業者がぴったりくるだろう、満足のいく引越しができるだろうと悩んだ時に引越一括見積もりサイトを利用してみましょう。同一条件で納得のいく引越し料金を提示してくれる業者を探せますし、また会社の長所や口コミなども併せて調べることが可能になります。

引越しの手伝い

単身者の引越しでも、急な転勤だったり、多忙のために引越しにかける時間が全く取れないという方や、官舎や独身寮の都合でその日のうちに引越しを完了させないといけないという方も多いでしょう。そのような場合には、引越業者の梱包サービスなども利用しましょう。教育を受けたスタッフがあなたに代わって荷造りを行いトラックに積み込めるまでの作業を行ってくれます。あなたは指示を出すだけです。

また新居に到着してからも依頼内容によっては開梱サービスも行います。価格等もかなり高くつきますが、時間が取れないあなたに代わってすべての引越し作業を手伝ってくれるので、あなたはぎりぎりまで仕事をすることができるでしょう。また、単身者の引越しでも運搬作業員が数名つくことが多いので、大きな家具を持っての引越しも楽々です。あっという間に運び出しの作業や搬入の作業が終わってしまうことでしょう。

お任せパック

単身者の引越しでもお任せパックを利用することができます。お任せパックとは荷造りから荷ほどき、セッティングまでオールインワンでサービスを受けることができるものです。たいていの場合は事前予約が必要なので、見積を依頼した時にオプションとして相談してから依頼されることをお勧めします。荷造りを自分でする時間がないほど急な引越しが決まってしまった場合や、仕事でぎりぎりまで働いてから引越しを行いたい方などにはお任せパックは非常にお勧めのプランです。

また有料になることのほうが多いのですが、テレビやエアコンの取り付け、洗濯機の取り付けサービスなども付けることができますので、機械系に弱い女性の方でも一人で引越しを済ませることが可能になります。また、一人分の引越においてもドライバーのほか作業員がつきますので、重い荷物が多くてもスムーズに荷物を運び出すことが可能になりますよ。

単身パックの基礎知識

単身パックのお得度

運び出す荷物が衣装ケースにテレビ、ちょっとした家具程度のみであれば、単身パックを利用しての引越しが断然お得です。この中でも引越会社によって、より細やかな単身パックのメニューが用意されていますので、あなたの荷物の量に合わせてサービスを選ぶことができますので、引越し料金を節約されたい方には便利です。

このほかにも、テレビや衣装ケース一つだけ運びたいという方には、宅配便扱いで家財道具を運べるシステムもありますので、レンタカーを借りたりする手間も省け、スムーズな引越しが期待できます。また、引越しの日時を引越会社に一任することで、引越し料金の値引き・割引等ができるサービスもあります。一般的な引越便では荷物が少ない、それでも自家用車には積みきれない量だけど、レンタカーを借りるまでではないような引越しの際には、ぜひとも単身パックの相談をしてみてはいかがでしょうか。

単身パックで運べる量

単身パックを利用したいけれど、どれだけの家財道具が運べるのか皆目見当がつかないという方も多いことでしょう。大手の引越会社で提供している単身パックの専用ボックスは2立方メートルの容積もあるコンテナになっています。みかん箱程度であれば、およそ66箱も入れることができるサイズです。1K暮らしなどであれば余裕の大容量といえるでしょう。

単身パック専用のコンテナに入りきらない場合には、複数のコンテナを借りることができますし、また微妙に積み残しが出た場合や、専用コンテナの規格では入らない大型家具などは、宅配便として荷物を運ぶことができますので、無駄のない引越しをすることができます。また荷物の量ではなく、コンテナの本数と仕向け先の住所で引越し料金が決まりますので、荷物の量が極端に多くても、また少量でも簡単に引越し料金を算定することができます。単身パックを上手に利用してお得な引越しをしましょう。

単身パックと割引価格

単身パックを利用してお得に引越しをしたいのであれば、割引サービスにも着目しましょう。引越しはどんな場合でも平日が一番お得です。そのために平日を引越し日に指定して割引を狙います。また引越し日が確定している場合には14日以上前に申し込みをすることで、早期申込み割引が適用されます。またインターネットから申し込む場合には、荷物の大きさや数などWEB上で申告をして見積もりを取るために、人件費が大幅に削減できます。そのためにWEB割引が適用されることもあります。

とある引越会社では、これら3つの割引適用で五千円の割引になります。レンタカーを借りたり、知人に手伝ってもらい心付けを渡す引越しよりかなりお得に済ませることができます。

また、割引適用以外でも、荷物の搬入日を引越し会社のスケジュールに合わせることで、かなり安く引越し料金を上げることも可能になるので、お得です。

単身パックと宅配便

単身パックは、専用コンテナに家財道具を詰めて運搬するサービスです。専用コンテナの容積は決まっていますので、体裁よく荷物を詰めていくだけで搬出作業は終わります。中にはソファやベッド、たんすなど、専用コンテナに収まりきらない家財道具などもあるはずです。このほかにも最後の1〜2個だけ段ボール箱を積むことができなかったと中途半端な結果もありますね。このようなトラブルを解決するために宅急便として積み残しの家財道具を発送する例もあります。

とある業者では、鉄道コンテナとして利用する大型の2トンコンテナを利用した引越しも行っています。こちらの2トンコンテナには、ベッドやソファ、自転車なども軽々と入れることができます。また長距離の引越しになる際は、鉄道輸送になりますので、地球環境にも優しい引越し方法といえるでしょう。業者各者のいいところを比較して、ぜひとも納得のいく単身引越しを実現させましょう。

単身パックの良いところ

単身パックでの引越しの良いところは、荷物の量に合わせたプランを選べることです。一般的な、単身パック用コンテナのほかに、それよりも少ない荷物を運ぶためのコンテナ、大型荷物も楽に運ぶことができる鉄道コンテナ対応の2トンコンテナなどとさまざまなコンテナを用いることができるプランを使っての引越しがえらべます。

単身者といっても引越しの形態はさまざまですので、このように荷物の量に合わせたプランを選べることは非常に魅力的ですね。また、コンテナに収まりきらなかった荷物は、少量でしたら宅配便扱いとして引越し先へ発送することも可能ですし、複数のコンテナを組み合わせて荷物を搬送することも可能です。フレキシブルにプランを作ることができますので、引越し料金を節約したい方などにも是非お勧めしたいプランです。単身パックでも業者から作業員とドライバーが派遣されますので、力仕事も百人力です。

単身パックで失敗しないために

単身パックでの引越しでは、荷物の量に合わせた複数のプランが存在しているために失敗が少ないのが現状です。ですが、ちょっとしたポイントを比較した時「失敗したかな?」と思うところも出てくるかもしれません。このように後悔してしまうことを少しでも防ぐために「引越し見積もり一括サイト」などを用いて、まずは引越し業者の情報収集をしてみたり、各社が提示する見積もり料金の比較を行うことをお勧めします。

料金の比較を行ったうえで、プランの内容を確認したり、引越し業者の口コミなどを調べるとおのずと依頼したい引越し業者が絞り込めるのではないでしょうか。荷物の量をしっかり把握して、できるだけ同じ大きさの段ボールに梱包すること、引越し用の段ボールの数はなるべく少なくして、不要な荷物を捨てることなどの努力によって、引越し料金の節約にもつながっていきます。また、できるだけ早期に業者へ依頼をかけて、早期割引などの値引き等を狙うこともお勧めです。

単身パックの輸送手段

一般的な引越しプランでは、2トントラックなどを用いて家財道具はすべてトラック輸送というのがセオリーのようです。単身パックはトラックをチャーターすることはせず、荷物が入ったコンテナそのものを荷物として運ぶので、さまざまな輸送手段が考えられます。トラックでの詰め合わせでの搬送はもちろんのこと、鉄道コンテナを用いて環境に配慮した引越しを行うこともできます。

また小さな荷物は、宅配便と同じ経路で取扱店での中継を重ねて引越し先に届くこともあります。そのために、引越し業者に到着日を任せることで少しでも輸送コストを軽減させて料金を安く抑えることが可能になります。

単身者の引越しでも赤帽便などを用いた軽トラックに荷物を積む手段もあります。この場合は、軽トラックを一台貸切にして搬送をすることができますので、家財道具の多い方や荷物のトラブルを極力抑えたいと考える方にお勧めのサービスです。

主な引越し一括見積もりサービス

取り外し・取り付けサービス

エアコン取り外し・取り付け一括見積もりサービス

ウォシュレット取り外し・取り付けサービス

電気会社・ガス会社・インターネット回線の料金プラン比較サービス

そのほかにも、料金プラン比較で簡単に安い業者が見つけられるサービスがあります。わざわざ高い会社を利用することもないので、引越し時にまとめて申し込みを済ませてしまいましょう。

電力会社の申し込み・料金比較

都市ガスの申し込み・料金比較

インターネット回線の申し込み・料金比較

料金支払いでポイントが貯まるクレジットカード

都道府県 : 北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県