一括見積もり査定で費用料金比較がおすすめ!
ホーム > 激安で引っ越したい

激安で引っ越したいなら?単身も家族も、1番安く済ませることができる業者の選び方は簡単。インターネットの無料オンライン比較サービスで値下げ交渉をしよう。

引越し一括見積もりサービス一覧

値段を安くするには?

激安で引っ越したい

新生活を始めるとなると、いろいろと物入り。できるだけ高い業者は避けて、費用を安く抑えたいものです。

でも、複数の業者に一軒一軒見積もりを依頼するとなると、非常に面倒。とってもじゃないけど、やる気になれませんよね。そこで、おすすめなのが、大手一括サイトの利用なんです。

一括サイトを利用すると、無料で簡単に複数の業者から見積もりを取り寄せることができるようになっています。まずは、こちらを利用してみてはいかがでしょうか?

引越しの料金

料金の相場

引越し料金の相場というのは、どんなタイプの人数での引越しなのかということによっても違ってきますし、引越しの条件によっても違ってきますが、目安をここでは紹介したいと思います。単身であまり荷物がない人は、引越しする人×2万円が相場です。一人なら2万円ということですね。

そして家族で引越しをする場合には引越しする人数×3万円くらいです。4人家族なら12万円ほどと考えるのが相場です。荷物が多い人や道路状況が悪いなら、さらに料金は値上がりますし、長距離なら、先ほどの料金に移動距離(q)×250円ほど加算されると考えましょう。

引越し作業のスタッフの数からみる料金の相場は、一人当たり2万円から25000円となっていますから4人のスタッフが作業をするとなると、2万円×4人なので8万円ということになります。これが一般的な相場だと考えて、見積もりの際の目安にしてみるといいでしょう。

料金の計算の仕方

引越し料金というのはどんな形で計算がおこなわれているのか、利用する際には気になると思います。料金の計算方法について簡単に紹介します。料金は基本料金と割増料金、そして実費として人件費や梱包資材費、特殊機械使用料などから成り立っています。それ以外に、付帯サービス費として、クーラーの取り付けなどの電気工事などの費用が加算される仕組みです。

これらの中で運賃は法律で上限枠が決まっているので、それほど高い料金は取られることはありませんが、最大の格差で20%位となっています。実費や付帯サービスは、法律で特に上限などはありませんから、各業者によって値段がばらばらです。そのために、見積もりをして、一番安く引越しできる業者を探す必要があるのです。

料金の計算方法は、運賃については少し複雑ですが、それ以外の面では、それほど難しい計算ではないので、私たちでも簡単に目安となる金額を知ることは可能です。

引越しの運賃

引越しの運賃というのは少し複雑です。引越し料金の中でも実車キロが100キロ以内という場合には、時間制運賃になりますし100キロ以上の場合には距離制運賃というスタイルで適用されるでしょう。時間制運賃は使った車両が2トンなのか4トンなのかでも違ってきますが、基礎作業時間によって4時間なのか8時間なのかでも、料金は違ってきます。

4時間制というのは基礎作業時間が午前中から午後にまたがらない4時間以内の作業の場合です。基礎作業の時間が8時間以上になった場合には、1距離制で料金を設定している場合には、1つの車1回の運送ごとに実車キロによって料金が決まります。

ほかにも運賃として車両留置料があります。実車キロ100キロを超えた場合に発地か着地に到着してから荷物を入れる際、とり下ろす際などにトラックを所定の場所に止めておく時間によって値段が違っています。6トントラックなら2時間、6トン以上なら150分が基本料金でそれを越えれば30分ごとに使っているトラックによって留置料が増料されます。

見積もりについて

見積もりの流れ

見積もりの流れはどこの引越し業者でもだいたい同じです。まずは、引っ越しをする日が決まっている場合には、日付を話した上で、だいたい段ボールの数がいくつくらいあって、今どこに住んでいて、引越し先はどんなところなのか、電話などで伝えます。インターネットに対応している引越し業者もありますから、ネットで必要事項を入力して見積もりをしてもいいでしょう。

電話やネットだけで見積もりが完了してしまうこともありますが、実際に、家の中に入って、家財道具を見たり、大きめの家具がどれくらいあるのか確かめた上で、詳しい見積金額をあげてくれる会社もあります。できれば見積もりは詳しく上げておいたほうがいいと思いますから、家に来てもらって見積もりしてもらった方が安心です。実際に引越してみると予算オーバーだったとか、見積もり金額より大幅にオーバーしているということにならないためにも、しっかりチェックしてもらっておきましょう。

インターネットで見積もり

最近は見積もりも便利になりました。インターネットで見積もりができるのです。ネットで見積もりを行っている引越し業者も増えているので、まずは自分が依頼しようかと思っている候補になっている数社のホームページを確認して、その上でホームページ上にある見積もりフォームから、必要事項を入力して、見積もりを依頼しましょう。引越しの発着地、そして人数や段ボールの数、大型の家具の数など、詳しく人数や個数を入力することができます。引越しの日が決まっている人は、日付を入力したり希望する時間帯を設定することで、増額の料金なども知ることができます。

その場で簡単に見積もり料金を上げることも可能なサイトから、数日たってから見積金額の連絡が入るサイトまで、色々とありますので、見積もりをする際に、電話をかけて1社ずつ話していくのが大変な人は、インターネットを使って見積もり依頼をするようにするといいかもしれませんね。

一括見積もり

見積もりをする際に、1社ずつ電話をかけて見積もりを依頼するのは面倒ですよね。同じことを数社に電話で伝えるというのは労力も時間もかかります。かといってネットで1社ずつに見積もりをあげてもらうというのも、同じことを何度も入力しなければいけないので、電話よりもいいとは言え、手間がかかるのは同じです。そこでお勧めなのが、一括見積もりです。

一括見積もりとは、引越しの見積もりを行っているサイトがあり、そこに登録している引越し業者数社の見積もりを、一度の入力で、出すことができるという便利なサービスです。このサービスを利用すれば、一度の入力で数社の見積もりを一度に出してもらうことができますから、とても便利です。

一括見積もりを利用して、数社の見積もりを同じ条件であげてもらったうえで、どこが一番安いのか、比較して選ぶようにすれば、よりスムーズに安い引越し業者を見つけることができますからお勧めです。

激安料金を実現するには

時期を選ぶ

激安な料金で引越しをしたいと思っている人は、引越しシーズンを考える必要があります。少しでも安い値段で引越しを考えているのであれば、引越しがピークの3月、4月を避けたほうがいいでしょう。また土日などの週末は料金が高い設定になっていることのほうが多いので、土日などの週末は避けて、平日に引越したほうが断然安いです。

一般的に引越しのトップシーズンに設定されているのは、移動が多い3月下旬から4月上旬、9月、また夏休みとなっていますから、これらの時期を避けて引越しができるなら、そうしたほうがいいでしょう。また、当日の時間帯も、午前中よりも午後や遅い時間のほうが、安い値段になっていますから、時間帯についても安さ重視で依頼するようにするといいでしょう。シーズンオフの平日の遅い引越しが、一番安い引越しということになりますので覚えておくといいですね。

同じ業者に頼む

激安料金で引越しを考えている人で、何度も引越しを繰り返しているという人は、同じ引越し業者を利用すると値引き率が高くなります。一度以上利用したことがある業者なら、仕事っぷりもわかっていますから安心だと思いますし、回数が多い人なら、もう何回目であるということを、営業マンに伝えただけでも、常連客としての扱いで、段ボールをサービスしてくれたり、梱包資材を無料にしてもらったり、値切っていないのに料金を安く割引してくれたりする業者もありますので、同じ業者に依頼するというのも一つの方法です。

少しでも安い値段で引越しをしたいと思っている人は、ほかの業者の見積もりを見せて、「今まではお宅でお世話になっていたけどこんな安い業者見つけた」といったように、ほかの安い業者の見積もりを見せて、さらに安くしてもらうという方法もありますので、同じ業者を利用するというのはいい方法です。

楽なプランを選ばない

引越しのプランは業者によっても色々と違っていますし、同じ業者の中でもピンからキリまで色々とあります。しかもプランと料金を見てみると、ほとんどの場合が、引越しをするときに楽をすればするほど料金は高くなる、それが一般的な料金とプランの関係です。荷造りにはじまり、何から何までやってもらおうと思ったら、とても楽な引越しにはなりますが、その分料金がかなりかかってしまいます。ですから、少しでも安い引越しをしたいと思っているのであれば、自分で荷造りもして、後は運んでもらうだけ、というとてもシンプルで楽ができないようなプランを選ぶようにするといいでしょう。

楽をすれば料金が高くなるので、ほとんど自分たちで荷造りなどを行って、運んでもらうのは業者に依頼するというプランにすれば、シンプルで料金もとても安く済むと思いますのでお勧めです。

値下げ交渉

引越しを依頼する際には、値下げ交渉は欠かせません。見積額をあげてもらって、一番安い見積もりの会社を選んだとしても、さらに値下げしてもらうように交渉することは欠かさないでおきましょう。注意したいのは「本日決めてもらったらこの値段で・・・」という甘い誘いです。これは返事してしまいがちですが実際には営業戦略であって、いつ契約してもこの料金なのです。返事が遅くなると予約がいっぱいで希望日に引越しできないといわれることもあるかもしれませんが、これも営業文句なので注意しましょう。引越し業者から提示される金額は、業者の限界額ではありませんから、限界額ぎりぎりまで値下げ交渉で頑張りましょう。1万円引いてもらうように交渉してもきっと通ると思います。

値下げ交渉では、ほかの見積もりと比較してその結果を言ってみたり、大きく端数を切ってもらうなど、少し多めに交渉に乗り出してもいいくらいですので、ちゅうちょせずに値下げ交渉してみましょう。

主な引越し一括見積もりサービス

取り外し・取り付けサービス

エアコン取り外し・取り付け一括見積もりサービス

ウォシュレット取り外し・取り付けサービス

電気会社・ガス会社・インターネット回線の料金プラン比較サービス

そのほかにも、料金プラン比較で簡単に安い業者が見つけられるサービスがあります。わざわざ高い会社を利用することもないので、引越し時にまとめて申し込みを済ませてしまいましょう。

電力会社の申し込み・料金比較

都市ガスの申し込み・料金比較

インターネット回線の申し込み・料金比較

料金支払いでポイントが貯まるクレジットカード

都道府県 : 北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県