一括見積もり査定で費用料金比較がおすすめ!
ホーム > 引越し費用の節約

相場より安い引越し業者を探すには?単身・一人暮らし・家族・夫婦・長距離・短距離・県内・県外・時期など、様々な条件で違ってくる相場料金。平均で費用はいくらかかる?

引越し一括見積もりサービス一覧

損をしたくないなら、電話ではなくインターネットの一括サイトから

相場より安い引越し業者

もう依頼する会社は決まりましたか?初めてだったら、いくらくらいの料金がかかるのか、想像しにくいですよね。

何はともあれ、やっぱり損をするのは避けたいもの。この業界の相場はあってないようなものですから、注意が必要です。

損をしないためには、オンライン無料比較サービスを利用して、一番安いところがどこかはっきりさせるのがおすすめです。できるだけ依頼先はその後に決めるようにしましょう。

料金について

相場はいくら?

引越しを考えている方は、誰もがまず費用を気にしますよね。ですが、引越し業者に料金を聞いたところで、その料金が高いのか、安いのか、判断ができませんよね。そこで気になるのが、「相場」です。相場が分かれば、それと比べて判断ができます。

でも、残念なことに、相場を探してみても、はっきりした答えは見つかりません。引越し請負業は、とても原価率が低いので、高額な料金をもらえば、それだけ利益が増えやすいのです。このため、見積もり依頼をしたとき、高額の提示があったり、また、交渉するとあっさりと値引き出来たり、料金設定があいまいなところがあるのです。仮にトラックが空いている場合は、安く請け負ってでも、トラックを動かしたいですよね。トラックを動かさないことには利益になりませんから。

このように、引越し業界では、状況による料金設定の要素が強く、はっきりとした相場が存在しません。まずは、見積もりを取って、詳細を確認していきましょう。

最大限安くする

引越し業者に依頼する前に、少し考えたいことがあります。それは、いかに料金を安くするか、ということです。同じ引越しをするのなら、費用は少しでも抑えたいものですよね。料金をお安くするちょっとしたコツが、引越しをする時期やタイミングです。

引越し業界にも、比較的忙しい時と、そうでない時があります。例えば、入学や就職、転勤などによって、人がたくさん動く季節が、3月から4月です。この季節は、業者も大忙しで、トラックや人手の確保が難しい時期ですから、この時期に依頼すると、料金は高く設定されます。逆に考えれば、この時期を少し外した頃に依頼すれば、安めの料金設定になるということなのです。

同じ考え方で、土日や祝日よりは平日の方が、また、できるだけ業者の都合のよいスケジュールで依頼する方が、安い料金設定となります。依頼するときには、引越し業者の都合を聞く位の余裕を持つと、思いのほか安くなる可能性が高くなります。

この料金は高いの?安いの?

一般的に、引越し業界においては、料金相場ははっきりと存在しません。ですので、業者に提示された料金が高いのか、安いのか、判断はできません。それでは、いくらだったら妥当でしょうか。

引越し業者には、それぞれ料金プランのようなものが必ずあると思います。ここでは、細かい品の箱詰めや、梱包や荷物の開梱を自分で行う、”節約”とか、”エコノミー”のような言葉がついた、普通のプランで考えてみると、県内引越しで、2tトラック1台3万円、4tトラック1台6万円が安いと言えます。また、引越し先が関東圏から関西圏であれば、2tトラック1台7万円、4tトラック1台14万円位が一般的でしょう。この料金よりも高い場合には、もう少し安い業者が見つかる可能性があります。

ただし、あくまで低価格帯の業者に限った話ですので、どの業者にも共通する目安でないことは覚えておきましょう。また、判断するときには、休日や繁忙期など、時期的な要因でも高くなりますので注意が必要です。

値引き交渉をしよう

引越し料金には、はっきりとした相場がないために、提示された料金が妥当か分かりにくいという点はありますが、あいまいであるために、料金交渉ができるメリットもあります。

引越し料金の中には、人件費やガソリン代、梱包資材代、トラック代と、業者の利益が含まれています。この中で人件費、ガソリン代、梱包資材代は、必ず必要ですので値下げは無理でしょう。トラック代は、その業者所有のトラックを使用すれば安くできる可能性があります。逆に、依頼した引越しのために、業者がトラックをリースした場合、値下げは不可能です。

次に、引越し業者の利益です。既定の利益設定はありますが、交渉次第で最も値下げができる項目です。業者にとってもメリットが出る依頼内容にすれば、間違いなく値下げ可能です。業者と相談し、値下げ交渉をしてみてください。

値下げ交渉は決して無理を言うことではなく、悪いことでもありません。業者と相談して、「いいとこどり」をする、というスタンスで臨みましょう。

業者選びについて

業者に依頼するメリット

引越しをするにあたって、業者に依頼するメリットは何でしょうか。例えば、転勤の辞令などは、比較的急に決まったりするものですが、そういった急な引越しの場合にも、業者が間に合うようにすべて作業してくれることも可能です。ただし、すべての作業を任せると、どうしても費用がかさみますので、それなりに楽をしつつ、費用も抑えたいという方は、細かい物は自分で作業し、大きな家具や手間がかかるものだけを業者に任せるといったプランも用意されている業者が多いです。

また、高齢の方や身体の具合が悪い、若しくは妊婦さんや体力がない方など、引越し業者に任せておけば、後は自分が移動するだけで良いのですから、本当に助かりますよね。また、すべて自分で作業しようとすると、例えばエアコンの脱着まで自分でできる方は多くないと思います。そういった特殊な物も、引越し業者ならお手のものです。

引越しの楽さと費用のバランス感覚は必要となりますが、自分にあった業者への依頼のしかたを考えて、効果的に業者を利用しましょう。

失敗しない引越し業者の選び方

数ある引越し業者の中から、みなさんは、何をポイントに業者選定をしますか。後で、無用なトラブルや不快感を抱かないために、引越し業者を選ぶ観点は、次の3個位は持った方が、後が安心でしょう。

一つ目に、料金のみで選ぶことは、懸念事項もあります。例えば、引越し先、若しくは大事な家具に傷がついてしまった場合、万が一の補償制度が無かったりします。それでは、料金が安くても本末転倒ですよね。

二つ目に、電話などで問い合わせたとき、お客の立場に立ったサービスが得られそうか、業者の対応をチェックしましょう。プロとしての安心感を提供してくれるかが、大事な点です。見積もりや予約が有料だったりしたら論外です。

三つ目に、アフターサービスの有無と内容をチェックしましょう。荷物は運べば終わりではありません。開梱後の清掃や傷の有無確認、また、あったらどうするのか。

こうした観点まで丁寧にチェックをすると、引越し当日は心から安心した上で、体力的、時間的にも負担が減るものです。料金に固執せず慎重に業者を選びたいものですね。

依頼する時の注意点

引越し業者に作業を依頼すると、楽に引越しを完了できますが、いわゆる悪徳業者とされる業者が存在するのも事実です。大概は別料金だとか、見積もり依頼や予約しただけで手数料や予約金と称して費用が発生するといったところです。法規上、見積もりと予約に費用が発生することは違法なのです。いずれも、知らないお客に対してつけこんでくるものですから、こうした法規があることを覚えておきましょう。

この類の悪質業者を見極める方法は二つあります。一つは、トラックのナンバープレートの色を確認してください。営業許可を正規に受けている場合には、緑色のはずです。ただし、この色には例外的なこともありますので、あくまで目安としてください。

次に、作業前に料金を請求されたり、別料金が何かと多い場合などは、支払う前に必ず約款を確認し、内容が正しいかチェックします。約款を提示出来ないような業者なら、即刻他の業者に切り替えましょう。

こうした知識により、悪徳な業者を回避することができます。

見積もりについて

一括見積もりをするメリットは?

引越し業者の選定にあたり、一括見積もりをするメリットについて紹介します。

最近はインターネットの普及が目ざましいですが、引越し業界においても同じです。例えば見積もり方法も、一昔前までは、10社の見積もりが欲しい場合、各社に対して電話したり直接行って、荷物の量や種類・形状等、それと名前や住所にはじまる個人情報を伝達し、それから見積もり書を受け取って、ようやく業者を決めるのが通常でした。それが近年は、ほとんどの引越し業者がインターネットの一括見積もりサービスに登録されており、一回の入力で、その内容が10社に届くようになっていますので、同時に各社に見積もり依頼が出来るわけです。あとは待っていれば数日以内には電話かメールかで見積もりを受けることができます。

また、見積もり結果を一括で見ることができるため、料金やサービスの比較がしやすく、自分のプランに合った業者を選定することが可能です。当然、すべて無料で実施できますから、悪徳業者に当たる可能性も随分と低くなります。

依頼の仕方と注意点

一括見積もりについては、インターネットで”引越し 一括見積もり”などで検索すれば、いくつかのサイトが出てくると思いますので、そちらで必要事項を入力して、一括見積もりの処理を済ませます。

注意点として、一括見積もりをするタイミングは少し見計らった方がよいでしょう。3月から4月など、引越し業者が忙しい時には、早めに依頼し、逆に余裕のあるときであれば、やや遅めに依頼するようにします。そうすることで、むやみに高い料金設定の見積もりを受け取ることを回避できます。繁忙期からそうでないときの時期範囲は、2週間から2ヶ月くらいでしょう。時期に合わせて、依頼をしましょう。

また、見積もり依頼をしても、連絡がこないこともあります。この場合には、既にスケジュールが埋まっているということが考えられます。どうしても気になる場合には、直接業者に電話して問い合わせてみるのもいいと思いますが、できれば、そういうことがないように、ある程度の余裕は持って見積もり依頼した方がよいでしょう。

一括見積もりをした後は?

インターネットから、無事に一括見積もりを済ませたら、そこで安心してはいけません。この後、見積もりを受けた業者は、2タイプに分かれます。

一つは、素直にメールで見積もりを送ってくる業者と、もう一つは、電話をかけてくる業者です。インターネットのよいところは、人と話したりせずに依頼を済ませられるところですが、電話をかけてきた業者を面倒に思わずに、きっちりと話して見積もりを取るようにしましょう。それが、最終的に安い料金の見積もりを得るコツです。

少し頭においておきたいのは、電話をしてきた業者を相手に、値引き交渉をするということです。せっかく電話をしてきているのですから、相手の言い値で見積もりを受けることはありません。メールで既にもらっている見積額や、他の業者にも見積もり依頼していることを確実に伝えましょう。仕事を取りたい業者は必ず提示額よりも値引きするはずです。多少、設定利益を下回ったとしても、仕事が取れないことには利益ゼロだからです。頑張って安い提示額を引き出しましょう。

主な引越し一括見積もりサービス

取り外し・取り付けサービス

エアコン取り外し・取り付け一括見積もりサービス

ウォシュレット取り外し・取り付けサービス

電気会社・ガス会社・インターネット回線の料金プラン比較サービス

そのほかにも、料金プラン比較で簡単に安い業者が見つけられるサービスがあります。わざわざ高い会社を利用することもないので、引越し時にまとめて申し込みを済ませてしまいましょう。

電力会社の申し込み・料金比較

都市ガスの申し込み・料金比較

インターネット回線の申し込み・料金比較

料金支払いでポイントが貯まるクレジットカード

都道府県 : 北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県