一括見積もり査定で費用料金比較がおすすめ!
ホーム > 引越しの申し込み

引越しの申し込みはいつまで?引越し屋さんへは何日前に依頼すればいい?料金相場はだいたいいくらくらい?簡単無料オンラインサービスで各社の値段をチェック。

引越し一括見積もりサービス一覧

見積もりは余裕を持って

引越しの申し込み

少しでも安く済ませたいのが料金。そのためには、業者間で競争が発生する一括見積もりサイトを利用するのが賢い方法です。

安い料金が期待できる一括見積もりサイトの場合、希望日の何日前かによっては遅すぎて対応してもらえないこともあります。なので、余裕を持って申し込むようにしましょう。

家族の場合、運ぶ荷物の量が多く訪問になりがちなので、とくに早めにしたほうがいいでしょう。単身者の場合も、遅くても1週間前、できれば2週間前まで済ませるようにしてくださいね。

業者選び

見積もり依頼の前に

引越し料金の一括見積もりを依頼する前に、まず「荷物の内容」をリストアップしておきましょう。冷蔵庫、洗濯機、本棚などの品目と、それぞれのサイズもできればメモしておくと良いでしょう。書籍などは、タイトルの一冊一冊まで細かくメモする必要はありませんが「何センチの本棚に何段分の本があるか」という内容だけでもメモしておくと良いでしょう。衣類などは「タンス、カラーボックス、ミカン箱などに詰めるとどのくらいになるか」をメモしておくと良いでしょう。

また、引越すにあたって「一番大事なポイントは何か?」も考えておきましょう。たとえば「お金はかかってもいいので、早くに引っ越さなければならない」「時間はあるので、自分でできることはして、引越し料金を抑えたい」など、大事なポイントがあるはずです。

引越し料金の相場についても、おおよそのことでいいので、インターネットなどを使って調べておきましょう。自分の引越し荷物が「トラック何台分になるか?」「距離は何キロか?」「人件費はどのくらいかかるか?」「保険料はどのくらいかかるか?」など、事前に目安としてチェックしておきましょう。

良い業者とは?

良い引越し業者とは「自分のニーズに合う引越し業者」です。一括見積もりサイト、ランキングサイト、口コミサイトなど、利用者が引越し業者を比較・検討できるサービスが増えています。その分「どの業者が良いのかわかりにくい」という状態にもなっています。

インターネット上の情報は「悪い業者を選ばないため」という程度に考え、振り回されないようにしましょう。悪い評判が一つもない業者というのは、おそらく存在しません。ただ「あまりにも悪評が高い業者」をわざわざ選ぶメリットもないでしょう。

その上で、自分のニーズに合う業者を選びましょう。忙しい人のために、荷物の梱包から荷解きまで、ほとんど全てを行ってくれる業者もあります。しかしながら「その分、自分で動くので、お金を安くして欲しい」という人もいることでしょう。インテリアにこだわりのある人は、自分の思うようにしたい、という気持ちもあるでしょう。一括見積もりを依頼する前に「この点だけは、こだわりたい」ということを明確にする必要があります。

避けるべき業者は?

一括見積もりを依頼して、引越し業者のサービスを比較検討したい、という人は、おそらく慎重な性格の方で、時間的にも少し余裕があるでしょう。せっかくの慎重さを、実際の引越しでのトラブル回避に活かしていただきたいです。

一括見積もりを依頼した場合に、見積もりの結果が来るスピードは、業者によって異なります。早ければいいというものではありませんが、およそ1週間以内に返事が来ない、あるいは返事が遅れている理由の説明がない業者は、できれば避けたほうが良いでしょう。

見積もり結果を前にして、業者を「選ぶ」際には、「良い業者を選び出そう」とするのではなく、悪い業者を消去法で消していく、という考えが良いでしょう。数社の見積もり結果を比較して、料金の内容が伝わってきづらい業者は避けるべきです。また、サービス内容が自分の希望と違う業者は、避けるべきです。業者が悪質かどうかということと、自分の希望と違うかどうかということは、また別ですので、選ばなかった業者に対して「すまない」という気持ちを、持つ必要はありません。

見積もり依頼

ネットで依頼

引越し業者に一括見積もりを依頼出来るサイトがあります。引越し業者を電話帳などで探し、一社一社に電話をかけて聞く。あるいは、業者のホームページなどを通して、メールを送る。これらの方法とは違い、見積もり依頼フォームに記入するだけで、複数の業者に見積もり依頼ができるのです。中には、100社を超える業者に一気に見積もり依頼をできるサイトもあります。

一括見積もりサイトには、「手軽にできます」と書かれてあることが多く、それは本当なのですが、ある程度の準備をしてからフォームに記入するほうが良いでしょう。たとえば「どんな荷物がどれくらいあるか」の一覧表を作っておき、それを手元において一括見積もり依頼フォームに記入するほうが、間違いをなくすことができます。引越し先の住所もメモしておきましょう。

また、一括見積もりサイトにのっていない業者もあるかもしれません。時間に余裕があるなら、地元の運送業者や便利屋などに引越しを依頼するということも、視野に入れましょう。ただ、そこまでの時間的余裕がないなら、一括見積もりサイトにのっている業者を比較するだけで十分でしょう。

自宅訪問

引越し業者に一括見積もりを出すのは、インターネットを利用する人が多いでしょう。ただし、事情によっては自宅訪問をしてもらって、引越しに必要なサービス内容を確認しながら、依頼をすることもできます。一括見積もりサイトが、複数の業者に「訪問して見積もりを出して欲しい」という依頼を、複数の業者に出してくれる形が多いです。

ご家族が多くて、必然的に荷物も多い方や、子育て・介護中で引越し作業に時間をかけられない方は、プロに見積もりをお願いして、もれや抜けのない作業をするのも、一つの案です。

ただ「実際に家に来てもらうと、本契約をしなければならないのでは?」と不安を感じる人もいることでしょう。一括見積もりサイトの多くは「見積もりを依頼しただけでは、本契約の義務は生じない」としています。後のトラブルを防ぐためにも、この点はよく確認してください。どうしても不安のほうが強いなら、フォームに記入して見積もり依頼をする方法や、業者に電話をかけて見積もり依頼をする方法などを選ぶと良いでしょう。

電話で依頼

引越しを急いでいるなら、電話で見積もりを依頼するのが一番早いです。一括見積もりサイトで「どの地域から、どの地域に引っ越すのか?」「人数は何人か?」といった簡単な質問に答えると、対応可能な引越し業者が表示されます。その業者に電話をかけて、見積もりを依頼するという形になります。私たちの生活にインターネットが浸透してきたとはいっても、フォームへの入力がどうしても苦手、という人はいます。その場合には電話でお話しすると安心です。

一括見積もりサイトで引越し業者を探す前に、必ず「荷物の内容」「いつまでに引っ越さなければならないか」「引越し先の住所」などをメモしておきましょう。電話で未知の人と話すときには、少なからず緊張しますので、言い間違い、聞き間違いを防ぐためにも、メモをとっておきましょう。

また、時間がないときほど「友達に頼んでみよう」という考えが沸いてしまいます。しかし、引越し作業中に、荷物の破損・紛失などが生じた場合に、人間関係そのものが壊れるリスクをはらんでいますので、注意しましょう。

内容チェック

返事の早さ

一括見積もりを依頼してから、早くに返事をくれる業者もありますし、数日かかって返事をくれる業者もあることでしょう。返事の早さも業者選びのポイントとなります。ただ「早ければいい」のではなく、自分の希望する内容が反映されているかどうかは、必ずチェックしましょう。また、あまりにも返事が遅い業者(たとえば1週間以内に返事が来ない業者など)は避けるほうが良いでしょう。

引越しをする人が、とても急いでいて「1日も早く引越しをしたい」と考えているなら、早くに返事をくれたところに依頼したくなるでしょう。ただ、少なくとも「一括見積もりを依頼してから、引越しをする」という時間がある人は、できれば数社の見積もり結果を比較できるまで、待ちましょう。明日、明後日に引越したいというならば、業者を選んでいる場合ではないので、大手の引越し業者のほかに、地元で個人事業主の方が営業されている便利屋なども視野に入れて探すと良いでしょう。

サービス内容

引越し業者から送られてきた一括見積もりの結果を「金額のみ」で比較すると、後で痛い目にあいます。その金額に含まれているサービス内容をチェックしましょう。

業者によっては、梱包してトラックなどに積み込む作業から、荷おろし・荷解きまでするサービスがついている業者もあります。しかし、主婦の方は「食器・台所用品などの並べ方は、我が家のルールを活かしたいので、荷解きは自分でできたほうが良かった」という感想を持つ方もいます。お金を払ってでも、梱包・荷解きまでお任せするのか、その分を安くしてもらえるほうがいいのか、よく検討することが必要です。また、引越しの際に出る不用品の引き取りを、無料でしてくれる業者もあります。ただ、不用品の内容や、時間があるかどうかによっては、不用品を自分でリサイクルショップ・古着屋・古書店などに持ち込むほうが、満足感が得られることもあります。

一括見積もりの結果に、これらのサービス内容がどのくらい反映されているかを必ずチェックしましょう。業者の見積もりどおりに引越しをした場合、どのような流れになるかリアルに想像しながら、各業者の提示する見積もり金額を比べましょう。

自分のニーズ

引越しの一括見積もりを依頼するなら「自分の中で、一番大事なポイントは何か?」を意識しましょう。たとえば「お金はかかってもいいから、早く引越しをしなければならない」「時間はまだあるので、自分でできることは自分でやって、お金を節約したい」「不用品がたくさん出る予定なので、不用品を引き取ってくれる業者が良い」といった、大事な点について、よく考えておく必要があります。

一括見積もりサイト、あるいは引越し業者のランキングサイトなどは、非常に見やすくなり、さまざまな業者があるのがわかります。ただ「ランキングで上位の業者」であっても、自分のニーズに合わない業者を選んでは意味がありません。

学生の方や新社会人で資金があまりない、という方は、友人・知人に依頼しての引越しをお考えかも知れません。普段からコミュニケーションがとれる相手なので、ご自身のニーズをよく理解してくれるというメリットはあります。ただし、万が一、荷物の破損・紛失などが起こった場合に、人間関係までが壊れてしまう可能性があります。そういう万が一の事態になった場合、引越し業者に「仕事」として依頼していると、弁償の話もしやすいということがありますので、よく考えてください。

内容の変更は可能?

一括見積もりを依頼し、見積もりを出してもらった後で、荷物の内容にもれ・抜け・変更があった場合には、なるべく早くに業者に連絡して、引越し作業時に行き違いが生じないようにしましょう。引越し業者の側も、頻繁な変更があると困りますし、引越しをする人も、いつまでも金額や内容が確定しないと落ち着かないでしょう。

一括見積もりを依頼するまでに、できるだけ細かいチェックをして、変更のないようにするのが理想ですが、そう理想ばかりも言っていられません。業者の側も、早期の連絡をすれば、ある程度のことは受け入れてくれるでしょう。

ただ、正式な契約を結んでからの変更は、なるべく避けるようにしましょう。たとえば、不用品が出た場合の回収を依頼していなかった場合に、当日に回収をお願いしても、できない場合があります。これは、業者の受けている営業許可などの関係上「心情的には引き取りたくても、どうしてもできない」というケースもあるのです。早くに連絡をして、変更が可能かどうかを業者と話しておきましょう。

主な引越し一括見積もりサービス

取り外し・取り付けサービス

エアコン取り外し・取り付け一括見積もりサービス

ウォシュレット取り外し・取り付けサービス

電気会社・ガス会社・インターネット回線の料金プラン比較サービス

そのほかにも、料金プラン比較で簡単に安い業者が見つけられるサービスがあります。わざわざ高い会社を利用することもないので、引越し時にまとめて申し込みを済ませてしまいましょう。

電力会社の申し込み・料金比較

都市ガスの申し込み・料金比較

インターネット回線の申し込み・料金比較

料金支払いでポイントが貯まるクレジットカード

都道府県 : 北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県