一括見積もり査定で費用料金比較がおすすめ!
ホーム > 積立保険の見直し相談窓口

積立保険の見直し相談窓口はどこが人気?来にそなえて個人年金保険や養老保険に加入しようという積立保険初心者のための解説。

積立保険の見直し相談窓口おすすめランキング

このページについて

積立保険

積立保険をご存知でしょうか?もしものときに備える生命保険の1種類ですが、このサイトではその積立保険という保険種類について解説しています。

私たちの人生、いつどんなことが起こるかわかりません。やっぱり、将来への不安を払拭するためにも、いざというときに困らないようにも、しっかりと準備をしておきたいものですよね。

後悔先に立たず。必要の無い今のうちから、まずは専門家に無料相談するなりしておくことをおすすめします。

そもそも保険とは?

現在ありとあらゆる保険会社や金融機関を通じて数えきれないほどの種類の保険商品が販売されています。日本は世界的に見ても保険大国であり、国民のほぼ8割は何らかの保険に加入していると言われています。

目的がはっきりしている保険、例えば火災保険や自動車保険といった類いの保険は非常に理解しやすい商品です。入るべきかそうでないかも割と簡単に判別できます。自動車も保有していない人が自動車保険に加入することは無意味ですし、20才そこそこの若い世代の人が手厚いがん保険に加入することの意義は小さいと言っていいでしょう。

しかし通常の損害保険や生命保険、積立保険、医療保険となるとそう簡単にはいきません。入っておけば万が一の際に非常に助かるということは十分に理解できますが、果たして今自分がそうした保険に加入すべきかどうかは専門家などに相談したり、必死でネットや書物を通して勉強しなければ明確な確信は得られません。

中でも常に問題となるのは生命保険です。一口に生命保険と言っても内容は、定期保険、終身保険、養老保険、収入保険、個人転勤保険、医療保険、がん保険、三大疾病補償保険と実に様々な種類に細分化されています。これではちょっとネットで調べた程度では何がどう違うのがさっぱり分りません。

さて積立保険とはこうした保険の中でも貯蓄性の高い保険のことを指していう言葉です。基本的な生命保険は定期保険、終身保険、養老保険の3つさえ理解しておけば十分ですが、積立保険という場合にはこの内の後者2者、終身保険と養老保険のことを指しています。

積立保険と預貯金、どちらが有利?

積立保険に関しては、銀行や郵便局などの預貯金と比較して優劣を説明している記事をよく目にします。この「積立保険か貯金か」論争はいわゆる団塊の世代の人の間では非常にポピュラーな話題でした。とはいえ彼らの多くは最近の保険業界の実態や多岐に渡るサービス内容などを研究することなく単に数十年前に繰り返し聞かされてきた「郵便貯金+老後=王道」という図式が見られる場合が多くあります。

実際郵便局でも最近はなかなかよく練られた積立保険をそろえています。郵便局の積立保険は基本的に養老保険で「新フリープラン」と「新一病壮健康プラン」の2種類です。しかし郵便局というのはあくまでも保険のプロ集団ではありません。窓口の担当者のキャリアによっては、かゆい所に手が届くような説明を受けられない場合があります。

また郵便局に関しては積立保険などを選ぶか、その分の保険料を毎月せっせと貯金するかどちらが有利であるかという話もよく耳にする話題です。俗に「保険は四角、貯金は三角」と言われます。貯蓄の場合には何百万という金額をコツコツと貯めていくまでには相当の期間が必要となります。つまり貯金額が増えていくさまをグラフに表した場合にグラフの形は時間軸を横に、貯蓄高を横軸にした「三角形」になるのです。一方積立保険などの保険類は加入したその日から保証に全面的に頼ることができますから最初から縦軸も最大となり、グラフは「四角形」になるのです。 ただし貯蓄の場合には何に使おうが自由ですし、解約することももちろん自由です。しかしこの自由さがいざとなったときには大きなマイナス要因となる場合があるのです。

積立保険か掛け捨て保険か?

生命保険を選択するにあたって掛け捨て保険を選ぶか、あるいは貯蓄性の高い終身保険や養老保険などの積立保険を選ぶべきかというのは必ず迷うポイントでしょう。終身保険や養老保険といった積立保険ではいわゆる掛け捨て保険とは月々の保険料の差があまりにも大きいので、いずれを選ぶにしても加入する際には慎重な下調べが必要です。

この保険の選び方には自分のライフスタイルや現時点での子供のありなし、あるいは今後子供を作る予定があるか、公的年金の支給額などの要素を十分に検討して考える必要があります。さらに同じ積立保険でも終身保険と養老保険では内容的にも月々の保険料にしても多くの違いがあります。

積立保険でも終身保険の場合は一定期間払い込むと保険料の払い込みが完了した後でも保険は一生涯継続されます。しかし終身保険では満期保険金は支給されません。また一部の終身保険では一生涯保険金を払い続けるタイプもあります。また終身保険では保険者の死亡時には必ず保険金を受け取ることができます。これが積立保険の貯蓄性が高いと言われる理由でもあります。

一方養老保険の場合には保険料の払込期間は限定されており、万が一払い込みが終了しない場合に被保険者が死亡した場合には死亡保険金を遺族が受け取りますが、生存していた場合には満期保険金が受け取れます。いずれにしても納めた保険料の分は回収できるということになります。被保険者が払い込み期間中に死亡した際に払い込まれる死亡保険金と満期保険金の差はほとんどありません。

積立保険の選び方

自分には積立保険がよさそうだと分かってきても問題は山ほどある生命保険会社や金融会社、はたまた郵便局の養老保険などの中からどの積立保険を選ぶかというのが次の大きな問題となります。

多額の死亡保証金や満期保険金が受け取れる積立保険は、当然積み立てる月々の保険料もかなりの高額になってきます。いわゆる掛け捨て保険と比べると5倍程度も高額になることも決して珍しくありません。高額な保険料は特に若い世代の家庭では家計を圧迫します。保険料を支払うために必要経費まで削るようになるとこれは本末転倒と言わざるを得ないでしょう。また保険は生命保険がすべてではありません。サラリーマンの場合には天引きされているのでピンと来ないかもしれませんが失業保険や健康保険、厚生年金などもけっこうな金額が毎月差し引かれています。

積立保険を決定する際にはまず自分の年齢や家族の年齢、ライフステージなどを十分に考慮しておかなければなりません。子供がまだ小さいのであれば大黒柱にもしものことがあれば家族生活は破綻してしまいます。

通常積立保険なども含む保険全体の出費としては収入の5%に止めておくべきだと言われます。積立保険のように貯蓄性に優れている保険の場合でも10%が限度と考えてください。10%といえば通常の家庭に取ってはかなり高額の出費ですよ。人生には何が起るか分りません。貯蓄性が高いとはいっても預貯金などすぐに使える現金の蓄えも必要です。場合によっては必要保証額の見直しなども視野に入れて柔軟に対応した方が賢明でしょう。

加入は日本系?外資系?

さて実際に積立保険に加入しようとする場合、どのように加入するのがベストなのでしょうか。

積立保険に限らず、生命保険に加入する際に我々がまず頭を悩ますのは、日本の保険会社を選ぶか外資系の保険会社を選ぶかという点です。日本の保険会社と外資系とでは、企業としての経営理念も異なりますが、それ以上に最前線の現場で営業を行うスタッフに対する教育が違っています。

積立保険などに入ろうとして日本と外資系の両方の外交員と接してみてまず感じるのはすすめるプランのタイプがまったく異なるということです。日本生命を始めとする(たいていは女性の)外交員は保険金の高い商品をすすめてきます。多くは今人気の定期付き終身保険などですが、一方外資系の外交員というか営業マン(外資系の場合はなぜかほとんどが男性です)の場合には、保険会社にもよりますが基本的に終身保険などをすすめる傾向があります。

実はこれは日本と外資系では報酬体系に大きな違いがあることが原因です。日本では以前から保険金の高い商品を売る外交員が優れた外交員であるということになっています。ほとんどの日本の保険会社では、月間に契約した保険金総額に応じて外交員をランキングし、社内で発表しています。

一方外資系の保険会社では保険料の高さが報酬と深く結びついています。そのため月々の保険料が高額な終身保険などをすすめてくるというわけです。実際に積立保険に加入する場合には日本系でも外資系でも優れた商品は優れていますし、問題のある商品や、一見した所はよさそうでも後々の負担が増えてくるタイプなどがありますから注意が必要です。

加入はダイレクト?代理店?

積立保険に入ることは決めた、では契約は代理店や外交員を通じて行いますか?それとも便利なネットを通じてダイレクトに行いますか?

外資系の保険会社が急速に成長する中で保険商品をインターネットで、つまり「ダイレクトに」購入するという方法が一気にメジャーとなった感じがします。保険に加入する際にダイレクトで加入することと代理店や外交員を通すこととの間にメリットやデメリットはあるのでしょうか。その辺りを探ってみましょう。

積立保険などをインターネットを通じてダイレクトに購入する場合の最大のメリットは保険料が安くなることです。保険会社が店舗をかまえ、多くの外交員や営業マンを採用し、電話で勧誘したり、大掛かりな広告を打つには巨大な運営費が必要となります。もちろん広告費用に関してはダイレクト販売の場合でも大々的に行っている場合が多いですが、会社の賃貸料や設備費用、人件費などは比較にならないほどの違いがあります。こうした費用がすべて保険料に反映されるわけですから保険料が安くならないわけがありません。テレビでもお馴染みですが特に自動車保険で優良ドライバーの場合などはダイレクトで加入する方が圧倒的に安くなることがあるようです。

またインターネットであれば365日24時間思い立ったときにいつでも申し込めますし、他の保険会社の広告などとじっくり比較しながら積立保険を選択することもできます。何といっても人にすすめられるままに加入するのではないわけですから納得づくで加入することが可能です。

一方積立保険に限らず、最近ではあまりにも多くの保険商品が出回っていて何を基準に選べばいいのか、どのような保険が自分には向いているのかといった根本の所が分らない場合があります。このような場合にはよく教育された親切な外交員や保険会社の実店舗に出向いてじっくりと説明を受ける方がいいでしょう。とかく保険の用語には難解な用語や紛らわしい言葉遣いが多いものです。雰囲気で安易に理解したつもりになって加入すると後々になって大きな後悔をする場合もあります。

各社の積立保険

アフラック個人年金

外資系の保険会社の代表とも言えるアフラック(アメリカンファミリー生命保険会社)の積立保険であるアフラック個人年金を見てみましょう。

アフラックの積立保険としては5年ものの個人年金と10年ものとがあります。契約年齢は満20才から満45才までで、アフラックの積立保険ならではの柔軟な特徴がいろいろと揃っています。

まず月々支払う保険料は1000円単位です。5000円から6000円、7000円と増えていくので非常に分りやすいです。ただし年金受取時の基本年金額が年間で30万円以上990万円以内となるように設定しなければなりません。アフラックの積立保険であるアフラック個人年金は確定年金です。5年か10年か自分で選択した期間中は保険金を確実に受け取ることができます。

アフラックの積立保険であるアフラック個人年金では受け取り方が選べるという柔軟なサービスがあります。例えば60才で受け取る設定の保険でも年金の支払い開始日を5年後や10年後に繰り延べることができます。この場合には当然繰り延べた期間分だけ受取金額が優遇されることになります。また5年ごとに配当金が受け取れるというちょっと嬉しいサービスもあります。特に期待していなかった入金があるのは実際嬉しいことです。あるいはこの配当金を増額年金として積立保険に組み入れることも可能です。

ここでちょっと個人年金控除のことに触れておきましょう。せっかく積み立て保険に加入する以上は受けられる控除はきっちりと受けておいた方がお得です。個人年金控除を受ける場合は保険料の払込期間が10年以上で、受け取り開始時期が60才以上、10年以上に渡って年金を受け取る場合と限定されています。アフラックのように保険料を自由に選択できる積立保険ではこうした個人年金控除をしっかりと受け取れるように加入することがカギとなります。

東京海上日動あんしん生命の個人年金保険

東京海上日動あんしん生命の積立保険、その名も「個人年金保険」が人気です。積立保険の資料請求率ではアフラックやアリコを押さえて堂々の1位だということです。その人気の秘密を探ってみましょう。

東京海上日動あんしん生命の積立保険である個人年金保険では、年金開始日以前の死亡保障よりも、将来の年金としての金額に重点が置かれていると明記されています。これは非常に重要な点だと思います。自分が死亡した後の家族の生活はもちろん気がかりではありますが、まずは自分の健康で経済的な不安のない老後を考えるというのが人生設計の筋ではないでしょうか。まして核家族や少子化の影響で自分の老後は自分以外のだれにも頼れなくなりつつあります。公的年金だけで果たして充実した老後が送れるものでしょうか。ここ数年の公的年金の不始末や計画見通しを聞いているといやでも不安にならざるを得ません。経済的にさえ充実していればかなり余裕のある老後が送れるということに異議を唱える人はいないでしょう。

また 東京海上日動あんしん生命の積立保険である個人年金保険は、払込途中で高度障害状態となった場合には保険料の払込みが免除となります。これも非常に親切な設定だと思います。障害者になってしまうというのは、ある意味でそれまで以上に経済的負担が増大するということになります。こういうときに役立ってこそ本当の保険と言えるのではないでしょうか。

この他にも東京海上日動あんしん生命の積立保険、個人年金保険では年金の受取開始時期を最高90才まで引き延ばすことができたり、5年ごとの契約者配当金も支払われます。かゆい所に手が届くような、よくできた積立保険だと言えるでしょう。

ニッセイの年金名人EX

その強力なブランド力とネームバリューで他を圧倒しているニッセイですが、そのニッセイから販売されていて非常に好評なのが年金名人EXです。業界最大手が満を持して発売した商品だけあって、ニッセイの年金名人EXは実にバランスのいい積立保険に仕上がっています。

まずは保険料の払込みは、月払い、半年払い、年払いの3種類から選べます。比較的資金的な余裕がある場合には年払いなどを選ぶと面倒がなくていいですよね。またニッセイの積立保険、年金名人EXは年金そのもののバリエーションも豊富です。年金の種類は5年、10年、15年の中から選べ、もちろん確定年金です。また年金支払い開始時に一括して受け取ることも可能です。さらに年金支払い開始時に確定年金の種類を変更したり、10年保証期間付終身年金に変更することも可能です。

東京海上日動あんしん生命の積立保険である個人年金保険同様、年金名人EXでも、契約期間中に高度障害状態や身体障害状態になったときにはそれ以降の払込みは免除となります。もちろんその際でも年金は契約時通りに受け取ることができます。また万が一、年金支払い開始日以前に死亡してしまった場合にも死亡給付金が受け取れます。

さてここからがポイントですがニッセイの積立保険、年金名人EXでは別途、個人年金保険料税制適格特約を付加している場合には生命保険料控除とは別枠の所得税および地方税における個人年金保険料控除も受けることができます。つまり1つの保険で2度美味しいということです。

郵便局の養老保険

いきなりとても深刻な質問をしようと思いますが、生命保険会社にとって苦境の続く現在、とことんまで経済悪化が進んだら最後に残るのはどういった金融業者でしょうか。私は大手の保険会社のリスクはどこもほぼ横並び、しかし郵便局は間違いなく生き残ると思います。郵便局がなくなるときは日本がなくなってしまうときだと考えてもいいでしょう。話がなんとも大げさになってしまいましたが、過去の保険会社の倒産などを目の当たりにした人々に取ってつぶれない会社、倒産しない金融業者を選択するということがいかに重要なことであるか分ってもらえると思います。そこに郵便局の積立保険が特別扱いされる根拠があるのです。

郵便局の積立保険として有名なものには養老保険の「新フリープラン」と「新一病壮健プラン」とがあります。新フリープランは満期になった時点で契約時の保険金額を受け取ることができます。郵便局の積立保険である新フリープランの場合、満期が10才〜80才までと非常に幅が広く設けられていることが特徴です。これは老後の生活のためというだけではなく、アイデア次第で様々な活用方法が考えられます。また特約保証を付けることで事故や病気などによる入院、手術などのときにも保証が受けられるようになります。

郵便局の積立保険で特にユニークなのは新一病壮健プランです。これは特定の慢性疾患の治療中でも日常生活に支障がないことを条件として、積立保険に加入できるというものです。ここでいう慢性疾患とはガンを患った人や糖尿病の人、高血圧の人などです。ガンに関しては根治手術後5年以上経過している場合、また糖尿病や高血圧に関しては投薬などによって良好な状態にコントロールされていることが条件となっています。

都道府県 : 北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県