一括見積もり査定で費用料金比較がおすすめ!
ホーム > 結婚相談所の資料請求

婚活で結婚相手探し

大手結婚相談所の資料請求

結婚相談所とは?

結婚相談所

結婚相談所と聞くと、単に「結婚に関する相談に乗ってくれるところ」というカウンセリング的なイメージを持つ方も多いかもしれませんね。しかし、そうではなく、結婚相談所の主となるサービスは、お見合い相手の紹介です。

もちろん、普段の生活のなかでよい出会いがあれば、それに越したことはありません。でも、誰しもが出会いに恵まれているというわけではありませんよね。そんな「結婚したいけど出会いに恵まれない」という男女のために、結婚を前提とした出会いを提供し、結婚へ向けてサポートするのが結婚相談所です。

結婚相談所で受けられるサービスは、会員情報誌・インターネット・アドバイザーの推薦によるお見合い相手の紹介、お見合いパーティーの開催、お見合いの日時調整、交際から結婚までのサポートなどがあります。また、そのほか、お見合いがうまくいくように身だしなみやマナーなどのアドバイスを受けられたりすることもあります。

結婚相談所の種類

一口に結婚相談所といっても、いくつかのタイプに分けることができます。

ざっと挙げてみると、オーネット・ツヴァイ(ツバイ)・サンマリエ・ノッツェといった全国展開する業界大手の結婚相談所、業界連盟のネットワークに加盟する中小規模の結婚相談所、地域密着型の独立した結婚相談所、国際結婚を仲介する結婚相談所、インターネットでのみ展開する結婚情報サービスなどがあります。

一概にどのタイプの結婚相談所が優れているとは言えないので、まずは資料請求をするなどして、じっくり比較検討してみることをおすすめします。その上で、自分に合った結婚相談所を選ぶのがよいでしょう。

大手結婚相談所

全国各地に支店・営業所を持ち、自社だけで多くの会員を抱えるのが大手結婚相談所です。また、有名人をイメージキャラクターに採用するなどして、電車やメディアの広告で広くプロモーションを展開しているのがこの大手結婚相談所の特徴です。

具体的に名前を挙げるなら、オーネット、ツヴァイ、サンマリエ、ノッツェなどがこれに当たります。見聞きしたことがある方も多いのではないでしょうか?

良くも悪くも安定したサービスが期待でき、その安心感が強みですね。また、充実した資料、口コミの評判、Webの体験談など、情報収集や比較がしやすく、費用を除けば利用しやすいタイプの結婚相談所と言えるでしょう。

連盟加盟型結婚相談所

結婚相談所業界には、「日本仲人連盟」「日本ブライダル連盟」「良縁ネット」といった連盟・ネットワークがあります。その連盟・ネットワークに加盟しているのが、このタイプの結婚相談所です。

このタイプの結婚相談所の特徴は、自社の会員だけでなく、ネットワークに加盟している他の結婚相談所の会員も紹介してもらうことができるということです。

なので、このタイプの結婚相談所の場合は、その結婚相談所自体の会員数は、あまり気にしなくてもいいかもしれませんね。利用者数よりもサポート体制が重要と言えます。

独立型結婚相談所

大規模なネットワークに加わらず、その結婚相談所内もしくは小規模のグループ内で、お見合い相手を紹介しているのがこのタイプの結婚相談所です。

その地域に住む会員が多く登録している地域密着型のところが多く、その場合、近くに住む相手を探したいという方に向いている結婚相談所と言えます。

また、特定の条件に該当する人だけが入会できる特色ある結婚相談所があるのも、このタイプの特徴です。自分が該当しているなら、そういった結婚相談所を利用してみるのもよいでしょう。

国際結婚相談所

国際結婚の仲介をするのが、国際結婚相談所です。国際結婚を専門にしている場合もあれば、一般的な結婚相談所が国際結婚にも対応している場合もあります

ただ、国際結婚といっても、男性向けに、一部の国や地域の女性を紹介するというサービスが多くを占めるようです。国別では、やはり中国人女性との結婚を仲介するところが多く、その他はフィリピン・ベトナム・タイ・ロシア・ウクライナなどが挙げられます。

逆に、女性向けの国際結婚相談所は、欧米の男性を紹介するところが主流のようです。

1つ注意点ですが、中には会員数を偽り営業停止命令が下された国際結婚相談所もあります。しっかり評判を調べて、慎重に利用したほうがよさそうです。

インターネット結婚相談所

実際の店舗を持たず、インターネットでのみサービスを展開しているのが、インターネット結婚相談所です。加えて、会員向けの出会いパーティーを開催しているところもあります。

サポートはあまり期待できませんが、とにかく他の結婚相談所に比べて料金が安いのが利点です。異性に慣れていなくサポートが必要という方には少し物足りないかもしれませんが、自分ひとりで大丈夫という方にはありがたいサービスと言えますね。

結婚ではなく恋愛を目的とした出会い系サイトの場合は、男女比に大きな偏りがあるものです。しかし、このタイプの結婚を目的としたサービスの場合、身分証明書や独身証明書などが必要であったりするためか、男女のバランスがとれているのもよいところですね。

結婚相談所の多くは、成婚料で稼ぐというビジネススタイルのためか、どうしても結婚相手を探すという少し堅苦しい場所となってしまっています。その点、このタイプは、結婚を前提に付き合える恋人を探すというスタンスでも利用できるのが、うれしいところです。

安価な料金設定に加え、実際の店舗を訪れる必要がなく、最も気軽に利用できるのが、このタイプの結婚相談所と言えるでしょう。

料金について

結婚相談所によってばらつきがあるものの、結婚相談所の利用料金は非常に高額です。

その名目は、登録料(入会金)、年会費(月会費)、写真掲載料、情報提供料、お見合い料、パーティー・イベント参加料、成婚料などがあります。この中でもとくに高額なのが成婚料で、10万円以上というところが大半です。成婚までいたれば、合計15〜40万円くらいはかかると踏んでおいたほうがよいでしょう。

結婚という人生で最も重要なことに対して支払う料金ですので、自動車や住宅に比べれば安いものとも考えられます。しかし、やはり誰もが気楽に利用できるサービスとは言えないのが実状ですね。

ただ、その点、インターネットに特化した結婚情報サービスにおいては、比較的安価で利用できると言えます。人件費・広告費が大きく削減できるので、当然といえば当然ですね。そのシステム上、基本的にお見合い料や成婚料は存在せず、入会金を合わせても、料金は年間数万円程度となっています。料金的な面で躊躇される方は、まずはこちらを試してみることをおすすめします。

入会資格について

各々の結婚相談所によって違いはありますが、入会には一定の条件があることが一般的です。

当然ですが、どの結婚相談所でも、まず独身であることが求められます。

年齢については、法的に結婚ができる年齢であればOKという結婚相談所から、○歳〜○歳までと年代を限定している結婚相談所もあります。多くの結婚相談所では、下は20歳前後、上は上限なしとなっています。

次に職業ですが、例外はあるかもしれないものの、男性の場合、ほとんどすべての結婚相談所において定職についていることが求められます。無職の場合はもちろん、アルバイトの場合も入会は難しいようです。逆に、女性の場合は、無職(家事手伝い)でも入会自体には問題ない結婚相談所がほとんどです。一部、「医師・歯科医師限定」といったように職業などに制限を設けた結婚相談所およびコースも存在します。

入会資格ではありませんが、インターネット結婚相談所の場合は、支払い上クレジットカードが必須の場合もあります。

クーリングオフについて

結婚相手紹介サービスは、「特定商取引に関する法律第48条」により、クーリングオフが認められています。

クーリングオフというと、訪問販売における制度と思われがちかもしれません。しかし、その他多様な取引においても認められており、結婚相手紹介サービスもそのうちの1つです。

結婚相手紹介サービスの場合、契約書面を受け取った日から数えて8日間以内であれば、クーリングオフ制度により契約の解除を行うことができます。

また、クーリングオフ期間経過後であったとしても、結婚相手紹介サービスにおいては解約(中途解約)をすることができます。ただし、その際、賠償を請求されれば、支払わなければなりません。賠償額は上限は以下のとおりです。

・サービス提供開始前
最大3万円を支払わなければなりません。

・サービス提供開始後
提供されたサービスの相当額に加えて、2万円または契約残額の20%に相当する額のいずれか低い額を支払わなければなりません。

都道府県 : 北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県