一括見積もり査定で費用料金比較がおすすめ!
ホーム > 中古車・事故車の買取

クルマを売るなら、どこがいい?中古車・事故車の買取店への売却方法

このページの記事はこんな方におすすめです。

そのクルマ、高く買い取ってもらいましょう

中古車・事故車の買取

買い替え・引越しなど、理由は様々でしょうが、クルマを手放すときも来ます。そんなとき、中古とはいえ、大切に乗ってきたわけですから、できる限り高く売りたいものですよね。

このページでは、できる限り高く買い取ってもらうための情報をまとめてみました。このサイトを参考に、しっかり準備をして、査定に望んでみてください。

また、今は、事故を起こして修理していないクルマなどでも買い取ってもらえる時代です。「年式が古い中古だから」「走行距離が多いから」「故障しているから」といって、最初から無理だとあきらめずに、とりあえず一度見てもらいましょう。思わぬ額がつくかもしれません。

中古車売却の基礎知識

いろいろな中古車買取店

中古車の買取を行っているお店は、いくつかの種類に分けられます。

中古車買取販売店

買い取った中古車を、直接、自社で販売するタイプのお店です。中間マージンをカットすることにより、高価買取ができるというのが売りです。ただし、販売力のない業者であると、在庫を抱えるリスクがあることも否定できません。ガリバー、カーチスなどが有名ですね。

中古車買取専門店

中古車買取を専門にしているお店のことです。買い取った車は、自動車オークションに出品したり、中古車販売店へ転売する、海外へ輸出するなどして利益を得る買取業者です。大手では、アップルやラビットがこれにあたります。

特定車種メーカー専門店

輸入車専門店、アメ車専門店、メルセデス・ベンツ専門店、GT-R専門店など、特定の車種やメーカーを専門に取り扱った中古車販売店も存在します。愛車を専門に扱っている買取店があれば、高額査定も期待できるので、査定を依頼してみるのもいいでしょう。

新車ディーラー

新車を購入する際、ディーラーに下取りしてもらうという方法もあります。自動車オークションの相場をもとに買取額を決める中古車買取店に対し、新車ディーラーでは下取り基本価格表をもとに買取額が決められます。

新車購入を理由に愛車を手放す場合は、1つのお店でことが済むので便利ですね。ただし、純正以外のオプションは評価されにくかったり、他社の車種だと安くなりがちといったマイナス面もあります。また、その上、新車の値引き分との兼ね合いもあり、査定額自体がはっきりしないことも否めません。より高額での買取を希望であれば、ほかの中古車買取店にも査定を依頼したほうがいいでしょう。

オートオークション出品代行業者

買取業者ではありませんが、業者専用のオートオークションへの出品を代行する業者も存在します。その際、安いところで2万5000円程度の手数料が必要となります。

中古車査定の種類について

中古車の査定方法には、いくつかの種類があります。どの査定方法でも、車検証が必要となるので、あらかじめ用意しておきましょう。

インターネット査定・電話査定・FAX査定

自宅にいながら手軽に査定額を知ることができるのが、インターネット査定・電話査定・FAX査定です。ただ、これらの査定でわかるのは、目安となる買取額です。実際の買取額は、お車を見てからの提示になります。査定額は、あくまで参考程度にとらえておきましょう。

店頭査定

中古車買取店に自分で自動車を持ち込む、もっとも一般的な査定方法です。おおむね、どの中古車買取店でも行われているので、お出かけついでに最寄の中古車買取店に寄ってみるのもいいですね。

出張査定

自宅や職場など希望の場所まで、査定士の方に出向いてもらえるのが出張査定です。出張地域の制限はあるかもしれませんが、基本的にはどの中古車買取店でも無料で出張してもらえると思って大丈夫でしょう。「近所に買取店がない」「仕事が忙しい」「車検が切れてしまった」そういった方におすすめの査定方法です。ただし、買取店によっては、土日や祝日の出張査定は行っていないというケースもあるので、注意が必要です。

査定額はここを見て決まる

クルマの査定額は、じつに様々な要素が絡んで決定されます。

車種

査定額を決める、もっとも大きな要素です。

グレード

車種ごとに用意されたグレードも、査定に影響を及ぼす要素です。もちろん、グレードは高いほうが査定額も高くなります。

年式

年式の新しいクルマのほど、評価は高くなります。年をまたぐごとに年式は古くなるので、注意しましょう。

トランスミッション

一般的に、マニュアル車の人気は低く、オートマチック車に比べ査定額は低くなりがちです。ただ、スポーツカーなど、マニュアル車のほうが査定額が高くなる例外も存在します。

人気のある色とそうでない色とでは、査定額に差が出ます。そのときどきの人気色は、車種ごとに違いがあり、流行にも左右されます。

走行距離

走行距離は、1年で1万キロが目安となります。それより多いと、マイナス査定の要素になります。10万キロを超えるような走行距離の多い車は、一般的な中古車買取店では値段がつかないことが多く、逆に処分料金を請求されることもあります。

オプション

カーナビ、カーオーディオ、エアロ、サンルーフ、パワーステアリング、本革シート、アルミホイールなど、オプションも多くの買取店ではプラス評価の対象になります。ただし、ディーラーの下取りにおいては、純正品以外は評価されにくい傾向があります。場合によっては、マイナス評価にもなりかねないので注意してくださいね。

事故暦(修復暦)

あるのとないのとでは査定額に大きな開きがあるのが事故暦です。事故暦があると、残念ながら、査定額は大きく下がってしまいます。

一般的には、たとえそれが小さなものだとしても、事故を起こせば事故暦があるということになります。その点、中古車業界では、骨格部位に損傷がある、もしくは、修復されている場合に、事故歴があると判断されます。軽くバンパーをぶつけたといった程度であれば、事故暦とはみなされないので、安心してくださいね。

車検

車検の残期間も、弱冠ながら査定額に影響を及ぼす要素です。車検の有効期間が多く残っているほど、評価は高くなります。

車の状態

エンジン、タイヤ、汚れ、臭いなど、車の状態も評価の対象になります。ワンオーナー車や禁煙車などは、歓迎されます。

売却に必要な書類は?

中古車を売却するときに必要な書類は、普通乗用車と軽自動車とで多少違いますし、買取店によっても変わってきます。ざっと挙げてみると、以下のような書類が共通して必要となります。

自動車検査証(車検証)

自動車が車検に合格したときに発行される証明書です。車名や年式などが記載されています。紛失した場合は、陸運局で再発行してもらいましょう。

自動車納税証明書

自動車税を納めたときに発行される証明書です。紛失した場合は、都道府県税事務所で再発行してもらいましょう。

自賠責保険証明書

車検を受けたときに発行される証明書です。自賠責保険に加入していることを証明します。

実印

書類ではありませんが、実印も必要となります。実印とは、市区町村役場で実印登録をした印鑑のことです。

印鑑登録証明書

印鑑が実印であることを証明するものです。一般的に、3ヶ月以内に発行された印鑑登録証明書の提出を求められますが、買取店によっては、1ヶ月以内のものを求められる場合もあります。

譲渡証明書

自動車を譲渡するときに必要となる書類です。通常、買取店に置いてあるので、自分で用意する必要はありません。

委任状

自動車の名義変更を変更する際に、陸運支局への登録を代理人に委任するために必要となります。通常、買取店に置いてあるので、自分で用意する必要はありません。

その他

その他、身分証明書、住民票、リサイクル券などが必要になる場合もあります。

事故車売却の基礎知識

事故車とは?

一口に事故車といっても、いくつかの種類があります。また、中古車業界で事故車といえば、一般のそれとは少し意味合いが違ってきます。

修復暦車

骨格部位が損傷を受け、その部分を修復したことがあるクルマのことです。年式や走行距離にもよりますが、一般の中古車買取店でも買取を行っています。

事故現状車

骨格部位が損傷を受け、その部分を修復していないクルマのことです。買取を行っている業者は限られてきます。事故車を専門に扱っている買取店などに、査定してもらいましょう。

事故を起こしたが骨格部位には損傷がない車

こういったクルマは、中古車業界でいう事故車には該当しません。一般の中古車買取店で、事故暦のないクルマとして買取を行っています。

事故車だって売れる

事故車、とりわけ事故現状車は、国内では需要も少なく、値段がつかないばかりか処分料金を請求されることも多いようです。

しかし、そういった日本では需要がないクルマであっても、海外では、まだまだ需要があるというケースもあります。もっとも、そうはいっても、多くの中古車買取店は国内での流通ルートしか持たないため、事故現状車の買取は難しいのが実状ですが、なかには海外への輸出ルートをもった買取業者も存在します。

また、自走が難しいクルマでも、部品をリサイクルすることは可能ですし、鉄・アルミなどは資源として価値があります。

そういったことから、事故車でも買い取ってもらうことは、じゅうぶん可能なんですね。とくに、オプションが多くついている車や高年式車などは値段がつきやすいといえます。事故車だからとあきらめずに、ぜひ一度査定してもらうことをおすすめします。

高額査定を得るコツ

洗車・車内清掃をする

中古車を査定してもらうにあたって、洗車を行うことは、もはや当たり前と言ってもいいかもしれませんね。

ボディの汚れ自体が査定額に影響するとは考えにくいですが、汚れがあると傷があるかどうかの判別がつきにくくなり、査定が難しくなってしまいます。となると、やっぱり状態が悪いものとして査定されるおそれが出てきますよね。傷の少ないきれいなクルマであれば、洗車をして、そのことをアピールしましょう。

逆に、傷が多いクルマの場合は、洗車をしても、買取店にとって査定がしやすくなるだけで、無駄な手間ひまとなるかもしれません。

車内の清掃にも気を配りましょう。きれいなクルマは、気持ちがいいものですよね。その際、トランクルームやエンジンルームも忘れずにきれいにしておきましょう。見た目がきれいだと、査定士さんの抱く印象もずいぶん変わってきます。大切に乗られてきクルマなのだという印象を抱いてもらえ、高額査定も期待できます。

書類も忘れずに

整備記録簿、取扱説明書、保証書といった書類も査定額に影響します。忘れずに用意しておきましょう。

整備記録簿は、ただ点検・整備状況がわかるだけではありません。買取店や次のオーナーが、メーター交換の有無および正確な走行距離を把握する上でも、重要な書類です。メーター交換をしたにも関わらず、整備記録簿がなかったとしたら、走行距離不明車となり査定額が大きく下がる原因にもなります。

はじめてそのクルマを運転する人にとって、取扱説明書は欠かせないものです。とくに、それが輸入車であった場合は、なおさらのことです。

自動車メーカーの保証を受けるために保証書は必要になります。

多くの方は、これらの書類を大切に保管されていると思いますが、万が一見当たらないようであれば、探してみてから査定に望むことをおすすめします。

純正品も用意する

パーツを社外品に交換した場合は、取り外した純正品も用意しておきましょう。意外と査定額アップにつながるのが純正品なんです。

社外品は好き嫌いが分かれる傾向があるので、中古車市場において必ずしも歓迎されるとは限りません。純正品に戻せるかどうかは、査定の重要なポイントです。

すでに処分してしまったのであれば仕方ありませんが、しっかり保管してあるのであれば、査定士さんにそのことを忘れずに伝えましょう。

傷は直したほうがいい?

大切に扱ってきたクルマだとしても、長く乗っていれば、どうしても傷はついてしまいますよね。そんな傷、はたして直したほうがいいのでしょうか?

まず、小さな傷ですが、コンパウンドで消すこともできます。査定に出す前に、磨いておくのもいいでしょう。

板金修理が必要となる大きな傷やへこみは、そのままにしておくのが無難です。もちろん、修理をすれば査定額は上がるでしょう。ただ、よほど格安で修理をしてもらえるのでない限り、修理代以上に査定額がアップすることは期待はできません。また、修理期間の分、相場が下がることも考えられます。なので、修理をすれば、結果的に損をする可能性が高いと言えます。

もし、メーカーの保証内で修理してもらえるのであれば、修理してもらうことをおすすめします。

事故暦や故障箇所は正直に

わかっている事故暦(修復暦)や故障箇所があれば、包み隠さず、最初から正直に査定士さんに伝えましょう。

査定士さんもプロなのですから、申告しなくてもわかると考えるほうが妥当です。仮に最初の査定で発見されなかったとしても、車両を引き取ったのち再び検査されますし、契約書自体に、後で買取額が変更できるように書かれていたりするものです。

また、中古車として購入したクルマで自分でも知らない事故暦があった場合などは仕方ありませんが、ワンオーナー車ならば、申告のない事故暦があったりすると、他にも隠しているところがあるのではないかと疑われかねません。反対に、最初から伝えておけば、査定士にもいい印象を持ってもらえますよね。そういったことが、査定額に影響する可能性も否めません。

事故暦(修復暦)や故障箇所は正直に申告してくださいね。

アピールポイントをまとめる

取り付けたオプションや保管してある純正品、大切に乗ってきたことなど、査定士さんに伝えたいこともいろいろあるのではないでしょうか?高額査定を得るためにも、あらかじめ、そういったアピールポイントはメモにまとめておくことをおすすめします。

頭では考えていても、いざ査定してもらうときになると、忘れてしまったり、うまく伝え切れなかったりするものです。メモにまとめておけば、そういった心配もなくなりますよね。

また、それといっしょに、カーナビは外して売りたいなどといった売却の条件も記しておくといいかと思います。万全の準備をして、査定に望みましょう。

売却のタイミング

愛車は、高値がつくタイミングで売りたいもの。では、どのようなタイミングなら、高く買い取ってもらえるのでしょうか?

まず、クルマには、車種によっては需要が高まる季節があります。スポーツカーなら春、オープンカーなら春や秋、4WDなら冬(とくに雪国の場合)、ミニバン・1BOXカーなら旅行シーズンといった具合です。そういった時期をねらって売却するのも、1つの手ではあります。

逆に、モデルチェンジ時は査定額が大きく下がるタイミングといえます。クルマというものは、モデルチェンジ後だと、どうしても査定額が下がってしまう傾向があります。愛車を売却するのであれば、できるだけモデルチェンジ前にすることをおすすめします。

最後に、忘れてはならないのは、時間が経つにつれて、クルマの価値は下がっていくということ。中古車相場は常に変動しています。今後使用する予定がないのであれば、早めに売却してしまいましょう。

中古車・事故車一括査定のメリット(利点)・デメリット(問題点)

中古車・事故車一括査定がオススメな人とオススメでない人

中古車・事故車一括査定の口コミ・評判・体験談・感想(表現は少し変えています。)

中古車・事故車一括査定サイト一覧

自動車メーカー一覧

トヨタ、日産、ホンダ、三菱、マツダ、スバル、いすゞ、スズキ、ダイハツ、ユーノス、日本フォード、ミツオカ、日野、レクサス、メルセデス・ベンツ、AMG、フォルクスワーゲン、BMW、アウディ、オペル、スマート、マイバッハ、ポルシェ、BMWアルピナ、BMWハルトゲ、ドイツフォード、フォードEU、AMC、CMC、キャデラック、クライスラー、サターン、シボレー、ダッジ、ハマー、ビュイック、フォード、ポンティアック、マーキュリー、リンカーン、ホンダアメリカ、USトヨタ、アキュラ、日産USA、MG、TVR、アストンマーチン、ジャガー、ディムラー、ベントレー、ミニ、ランドローバー、ロータス、ローバー、ロールスロイス、シトロエン、プジョー、ルノー、アウトビアンキ、アルファロメオ、フィアット、フェラーリ、マセラティ、ランチア、ランボルギーニ、サーブ、ボルボ、ヒュンダイ、大宇

都道府県 : 北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県