一括見積もり査定で費用料金比較がおすすめ!
ホーム > 合宿免許の申し込み予約

合宿免許って値段は安い?最短何日で取得できる?格安・激安・最安値はどの教習所に申し込み予約したら?

このページの記事はこんな方におすすめです。

運転免許を取るにあたって

合宿免許

自動車・バイクの運転免許を取得しようと思ったら、まず思いつくのが自動車教習所のお世話になることですよね。

自動車教習所といっても、通学で教習を受ける方法もあれば、合宿で教習を受ける方法もあります。通学で取得する?それとも、合宿で取得する?…悩みどころですね。

このページでは、合宿免許にしぼって、その特徴をご紹介いたします。

合宿免許とは?

合宿免許と言われても、ピンとこない方も多いかもしれません。

カンタンに説明すると、動車教習所に通学して免許を取得するのに対して、自動車教習所の施設などに泊り込んで免許を取得するのが合宿免許です。

通学しながら取得するのに比べ、ずっと短い期間で集中的に教習を受けることで、より早く免許を取得することができるという利点があります。学生さんなどが長期休暇中に…、といった利用が想定できますね。

また、知らない土地へ行って、ちょっとした旅行気分を味わえるというのも、ひとつの魅力といっていいかもしれません。

そして、新しい友だちとの出会いも期待できますね。

集団生活はニガテという方もいらっしゃるでしょうが、そうでない人は合宿免許を選択してみるのもいいのではないでしょうか。

取得できる免許の種類は?

合宿で取得できる免許は、通学と同じで、普通免許(AT・MT)、普通二輪免許、大型二輪免許、中型免許、大型免許、大型特殊免許、牽引免許、普通二種免許、中型二種免許、大型二種免許などがあります。また、自動車教習所でではありませんが、フォークリフトやクレーンの免許取得にも合宿コースはあります。

ただ、それぞれの自動車教習所が、すべての免許に対応しているというわけではありません。通学では教習を受けられても、合宿では受けられないというケースもあります。

もっとも、合宿プランがある自動車教習所の場合、普通免許であれば、大方どこでも合宿で教習を受けられます。なので、多くの方にとっては、それほど気にすることではないのかもしれませんね。

免許取得までの期間は?

合宿免許で気になるのが、どれくらいの期間で免許を取得できるのかという点ですよね。

それに関して、自動車教習所によって多少違いはありますが、普通免許であれば、短いところでは、2週間程度で取得できるようになっています。また、AT車は、MT車よりも2日ほど短い期間で取得できる場合が多いようです。

これなら、忙しい合間を縫って通学して数ヶ月かけて取得するのと比べて、ずっと早く取得できることになりますね。

もちろん、予定通りに合格できず、延長しなければならなくなる可能性もありますが、少しでも早く、もしくは短い期間で、免許を取得したいという方にとって、合宿免許はうってつけのコースだといえます。

いつでも受講できるの?

免許を取得することを決めたら、利用したい自動車教習所に都合のいい日に入校したいものですよね。では、合宿免許の場合、それは可能なのでしょうか?

その答えはというと、残念ながら、特定の日に入校したいと思っても、そうできるとは限らないのが実情です。

多くの自動車教習所で、毎日入校できるわけではなく、また、宿泊プランやAT・MTによっても入校できる日にちが決まっています。なので、どうしても、それぞれの自動車教習所が組んだスケジュールにあわせて…、というかたちになってしまいます。また、満員になって予約ができなくなってしまうというケースもあります。

「何月何日、この教習所に、このプランで入校したい!」という希望があっても、それが叶うとは限らないんですね。

こういったところは、合宿免許が持つ短所だといえます。ただ、自動車教習所はたくさんありますし、それほどこだわりがなければ、気にするほどのことではないでしょう。

料金はどれくらい?

合宿免許の料金は、おおむね、教習料金・宿泊代・食事代・交通費などを含んだパック料金となっています。

具体的な料金はというと、普通免許であれば、20万円代のところが多くなっています。時期、宿泊プラン、AT車・MT車、延長保証などで料金は変わり、ほとんどは20万円弱〜35万円くらいの間に納まります。

合宿免許というと、通学よりも高くつくというイメージがあるかもしれません。しかし、実際には、平日の空いている時間帯にカリキュラムを組むことで、全般的に、通学で取得するよりも安くつくケースが多いようです。とくに、非繁忙期にいたっては、格安での受講が可能となり、断然オトクといえるでしょう。

春休み・夏休み・冬休みなどの繁忙期は、料金的には通学と大差ないかもしれませんが、それでも、食費や宿泊代さらには特典なども含まれていることを考えると、割安であるのには違いありません。

用意しておくものは?

入校するにあたっては、何を用意しておけばいいのでしょうか?

まず、免許証がある場合は免許証、ない場合は本籍地記載の住民票の写し(外国人の場合は外国人登録証明書)が必要となります。そして、本人確認書類(パスポート・健康保険証・住民基本台帳カードなど)に、印鑑(認印)も必要です。印鑑は、シャチハタ以外のものを用意しましょう。

そして、学科講習があるので、筆記用具。免許の取得には、車種ごとに一定以上の視力が求められるので、裸眼の視力が規定に満たない方は、メガネ・コンタクトレンズも忘れないようにしましょう。

それから、もちろん、着替えや日用品(歯ブラシ・タオル・傘など)も持っていくのが望ましいですね。

あとは、合宿中、ケガをしたり、病気になったりした場合のために、健康保険証(もしくはそのコピー)も用意しておいたほうがいいでしょう。

二輪免許を取得する場合は、それらに加えて、長袖の上着・長ズボン・手袋(軍手)ですね。

ざっと挙げてみるとこんな感じになりますが、自動車教習所によって多少違いはあるので、出発前にしっかり確認してくださいね。

住所が近いと入校できない

すべての自動車教習所がそうだというわけではないのですが、合宿免許の場合、住んでいる地域によっては入校できないというところが多くあります。

こう書くと、自動車教習所から遠すぎるところに住んでいる人は入校できない、と思われるかもしれませんね。しかし、そうではなく、自宅が自動車教習所の近く、同じ市内であったり同じ県内であったりすると、入校できないということです。

住んでいる地域を制限しないという自動車教習所もありますが、少数派と考えてよいでしょう。「近くに住んでいる人は通学で」ということですね。

また、実際に住んでいる場所だけでなく、住民票所在地や実家も対象になったりします。

合宿免許のメリット(利点)・デメリット(問題点)

合宿免許がオススメな人とオススメでない人

合宿免許の口コミ・評判・体験談・感想(表現は少し変えています。)

合宿免許申し込みサイト一覧

都道府県 : 北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県